乾燥肌が塩水でよくなるって本当?

塩水での洗顔が乾燥肌の改善に役立ちます


塩そのものが乾燥肌の防止になるわけではありませんが、塩水は乾燥肌対策に役立ちます。塩でのピーリングが肌のターンオーバーを促してくれるため、古い角質などが落ち、潤いを保ちやすい肌になると言われているのです。

塩水であることから、時と場合によっては染みたり肌に合わなかったりする場合があります。注意点を守って試してみるとよいでしょう。

乾燥肌の原因の1つに古い角質の存在があります

大事な肌の表面を守っているのが角質です。この角質はラップ1枚ほどの厚みでありながら、汚れや雑菌など外部からのダメージを防ぎ、かつ体内の水分が蒸発しすぎないようふたをしてくれています。

この角質も、細胞の一部であるからには日々新しいものに生まれ変わっていきます。本来なら、古くなった角質は自然に剥がれ落ちるはずです。

しかし肌の調子が悪くなると、古い角質は固くなり、なかなか落とすことができなくなります。するとどうなるかというと、古い角質がバリアか鎧のように顔を覆い、ニキビなどの原因になるだけでなく、肌に与える化粧品の水分もシャットアウトしてしまうのです。

その結果として肌はますます乾燥気味になります。

さらに乾燥肌もまた古い角質が剥がれにくくなる原因です。乾燥肌であるがゆえに古い角質が剥がれず、古い角質が剥がれないために肌に水分が行き渡らず、肌が乾燥していくという悪循環になります。

そのため乾燥肌を改善したいと考えるのであれば、古い角質を落とし、肌に水分が行き渡るようにしてあげなければなりません。

塩でのピーリングが角質を落とすのに役立ちます


乾燥肌に塩がいいと言われる理由の1つは、塩が古い角質を落とすのに役立つからです。塩はざらざらしていて、しかも自然にある安全な素材であり、ピーリングとして使用するのに適しています。

塩を水で溶かし、肌を優しくマッサージすることで、古い角質が剥がれていきます。その結果として顔を覆っていた余計なものがなくなり、化粧水が浸透しやすい肌に整えることができるのです。

古い角質を洗い流すことによって、角質が新しく作られ、古くなって剥がれ落ちるという一連のターンオーバーの流れを正常に戻しやすくなります。また顔をマッサージして血行をよくすることも、このターンオーバー正常化に一役買うでしょう。

ターンオーバーが整い、古い角質も落ちることで、乾燥肌から元の潤いのある肌に近づいていきます。

ピーリングの方法は簡単です。週1回を目安に以下の方法で行います。

1.塩を適量手に取り、水分を含ませてペースト状にします。
2.そのまま肌にのばして、優しくマッサージするようにピーリングします。
3.ぬるま湯で丁寧に洗い流し、よく水分を拭き取ります。

また塩が刺激になるような敏感肌の場合は、塩のペーストではなく、小さじ1杯の塩をぬるま湯で溶かして作った塩水を使用するのがよいでしょう。ペーストほどではないものの、塩水もまた古い角質を落とすのに役立ちます。

肌を傷めないよう、ケアに気を配りましょう

食べても問題ない塩を使うことから、危険などないように思える塩ですが、実は肌への刺激があります。「傷口に塩を塗る」という言葉もあるとおり、顔にわずかでも傷や炎症などがあると染みる原因となってしまうため注意しましょう。

また敏感肌の場合はあらかじめ目立たない部分でパッチテストをしてみるとなお安心です。

そのほか、塩は粗いため、わずかでも擦りすぎると逆に肌を傷める原因となってしまいます。汚れは自然に落ちると考え、塩で落とそうとは意識しないことがコツになるでしょう。

できるだけ細かい粒の塩を使うというのもよい方法です。さらに乾燥肌が気になる部分が顔など洗いやすい部分だけでなく全身に及ぶ場合は、バスソルトを利用するという手もあります。

ただし風呂釜を痛めることがあるためこちらも注意が必要です。

そして塩でピーリングや洗顔をした後は、いずれも必ず保湿をしましょう。古い角質の落ちた肌はとても繊細です。

肌を傷めないために、またピーリングの効果を実感するためにも、たっぷりの化粧水を惜しまないことが大切です。

(まとめ)乾燥肌が塩水でよくなるって本当?

1.塩水での洗顔が乾燥肌の改善に役立ちます

塩水でのピーリングは、古い角質を落とし、肌のターンオーバーを促してくれると言われています。乾燥肌に潤いを取り戻す一助となるでしょう。

塩水とはいえ、肌に合わないことや染みることもあるため、注意しながら試しましょう。

2.乾燥肌の原因の1つに古い角質の存在があります

本来肌を守って保湿してくれている角質は、古くなったものが残っていると与えられる水分をシャットアウトしてしまいます。その結果として乾燥肌となるのです。

また乾燥肌そのものも角質を剥がしにくくする原因です。悪循環になる前に対策しましょう。

3.塩でのピーリングが角質を落とすのに役立ちます

塩でピーリングすることにより、古い角質が剥がれやすくなり、化粧水の浸透しやすい肌を作るのに役立つと言われています。

週1回、塩ペーストや塩水でピーリングを試してみましょう。

4.肌を傷めないよう、ケアに気を配りましょう

塩は意外と扱いを間違えると肌を傷めます。傷口に塗らないこと、擦らないこと、そしてピーリング後にたっぷりと保湿をすることを覚えておきましょう。

またバスソルトの使用もよい方法です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る