乾燥肌にはぬるま湯洗顔がいいって本当?

ぬるま湯洗顔を正しく行うと、乾燥肌にもよいでしょう


ぬるま湯洗顔のよいところは皮脂を落としすぎずに洗えることです。皮脂の分泌が足りなくなりがちな乾燥肌の人がぬるま湯洗顔を行うことで、肌に必要な皮脂を残しておけるため乾燥肌対策にも役立つでしょう。

ただしぬるま湯洗顔といっても、洗い方には注意点がいくつかあります。適当に洗ってしまうとかえって乾燥を招くことがあるため正しい洗い方を知っておきましょう。

ぬるま湯洗顔は、汚れを落とし皮脂を残す洗い方です

ぬるま湯洗顔とは、洗顔料などを使わず、32~34℃ほどの、体温よりやや低い温度のぬるま湯だけで洗顔する方法を指します。このぬるま湯洗顔のメリットとして、汚れを落としやすく、かつ顔に必要な皮脂も残しておけるという点が挙げられます。

顔を洗う目的はもちろん顔の汚れを落とすことですが、顔の汚れとはすなわち、汗・皮脂・剥がれた古い角質などの老廃物・さらに外から付着した埃などのことです。

しかしこれらを仮に冷水で落としたとすると、汗や埃などは落ちても、皮脂がやや落ちにくいというデメリットがあります。

油がべったりとついた食器を冷水で洗ってもなかなか落ちないのと同じです。また冷水によって血管が収縮してしまい、血行が悪くなり、肌の新陳代謝に影響することもあります。

また逆に熱いお湯で洗ってしまうと、今度は顔の油分を取りすぎてしまう原因となります。そこで冷水でなく、かつ熱いお湯でもない、中間の温度としてぬるま湯が最適と言われているのです。

皮脂を取りすぎないギリギリの温度として、32~34℃ほどの水温がよいと考えられています。

洗顔料では油分が落ちすぎることがあります


ぬるま湯洗顔がよいといっても、市販の洗顔料があるのになぜぬるま湯洗顔が必要になるのか、洗顔料を使いながらぬるま湯で洗えばよいのではないかと疑問に思う人もいることでしょう。実は、乾燥肌の原因の1つに、「顔の洗いすぎ」があります。

普通は多くの人が洗顔する時に洗顔料や、石鹸などを使用します。しかし洗顔料や石鹸は洗浄力が強く、熱いお湯での洗顔のように顔の汚れとともに、肌に必要な油分まで落としてしまうことがあるのです。

本来、顔をはじめとする皮膚からは、皮膚を保護するための天然のクリームともいうべき、油分が自然に分泌されています。

この分泌される油分は、当然人体から分泌されるものであるため、正常な分泌量であれば副作用などの心配もなく、安全に肌を守ってくれる存在です。

しかし洗浄力の強い洗顔をすることでこの油分が落ちると、油分が閉じこめていた皮膚の水分が蒸発してしまいます。すると乾燥肌を作る原因となってしまいやすくなるのです。

あるいは油分を落とし続けていることで、肌が乾燥を防ぐために皮脂をさらに多く分泌し、毛穴が詰まったり、肌がテカってしまったりというようなオイリー肌や混合肌の悩みに発展することもあります。

そこで肌の油分を取りすぎない洗い方が必要となるのです。ぬるま湯洗顔は、汚れを落とし、かつ油を落としすぎないという点で、冷水での洗顔・熱いお湯での洗顔・洗顔料を使った洗顔よりも優れています。

正しいぬるま湯洗顔の方法を覚えましょう

ぬるま湯洗顔をするにあたっては、いくつかのポイントがあります。ポイントを押さえていないと逆効果になることもあるため、気をつけましょう。

まずぬるま湯洗顔の場合は、洗顔料の泡のような、肌と手の間でクッションになるものがありません。強いて言えばぬるま湯そのものが顔とのクッション役となるため、肌を刺激しすぎないためにも、できる限り手で顔を擦らない洗い方が必要となります。

またお風呂でシャワーなどを直接顔にかけるのも厳禁です。シャワーの水圧が顔の負担になるため、面倒でもきちんと手に湯をとってかけるようにしましょう。

またTゾーンとUゾーンで洗い方を変えるということも大切です。一般的に、Tゾーンの方が皮脂の分泌が多くなります。

全体的に同じ洗い方をしていると、Tゾーンに皮脂が溜まりすぎたり、Uゾーンの皮脂が落ちすぎたりして肌トラブルを起こすことも考えられます。Tゾーンはやや念入りに、Uゾーンは軽く洗うことを意識するとよいでしょう。

あるいはTゾーンを洗う時だけ、ぬるま湯洗顔としてはやや高めの水温である34℃で洗うという手もあります。

もしぬるま湯洗顔だけでなかなか乾燥肌が改善しないという場合は、洗い方と、自分の肌質が合っているのか見直してみましょう。

なお洗顔料での洗顔が必ずしも悪いわけではありません。洗顔料には、保湿成分や美容成分などが含まれていることもあり、自分の肌に合ったものを上手に使えば肌の乾燥を防ぐことに役立ちます。

またオイリー肌や化粧後の場合はぬるま湯洗顔だけでは余分な皮脂が落ちきれず、溜まった皮脂が肌トラブルを起こすこともあります。自分の肌と相談しながら上手に使い分けましょう。

(まとめ)乾燥肌にはぬるま湯洗顔がいいって本当?

1.ぬるま湯洗顔を正しく行うと、乾燥肌にもよいでしょう

ぬるま湯洗顔は乾燥肌の人に足りなくなりがちな皮脂を落としすぎずに洗えることが、大きなメリットといえます。

ぬるま湯洗顔は正しい方法で行わないと逆に乾燥の原因になることもあるため注意しましょう。

2.ぬるま湯洗顔は、汚れを落とし皮脂を残す洗い方です

ぬるま湯洗顔は、ぬるま湯のみで洗顔する方法です。

冷水や熱い湯では皮脂が落とせなかったり、落ちすぎたりするため、そのデメリットの少ない中間の温度として、32~34℃でのぬるま湯洗顔がよいと言われています。

3.洗顔料では油分が落ちすぎることがあります

洗顔料を使うと、洗浄力が強すぎて皮脂を落としすぎてしまうことがあります。肌から出る油分は適量であれば肌を保護するのに役立つ存在です。

油分がとぶと肌の水分も蒸発してしまうため、油分を落としすぎないぬるま湯洗顔が必要となります。

4.正しいぬるま湯洗顔の方法を覚えましょう

ぬるま湯洗顔の際は、水圧や摩擦で顔に負担を与えないようにしましょう。またTゾーンとUゾーンで洗い方を変えることや、肌質によっては洗顔料の併用が必要になることもあります。

自分の肌を考慮しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る