乾燥肌向けのテカリ防止の方法とは?

乾燥肌のテカリ防止は、メイクではなくスキンケアでも行えます


肌にテカリを感じ、自分は乾燥肌ではなく脂性肌だと思い込んでいることがあるでしょう。実際は、肌内部の水分量が少ないことで肌自身が乾燥を防ごうと、皮脂を過剰に分泌している状態なのです。

必要以上に皮脂が分泌されていると、肌がテカって見えてしまいます。このテカリを防ぐためには、肌内部の水分が不足しないように補ってあげるのが重要になるのです。

まずはメイク前のスキンケアでしっかりと保湿する必要があります。油分も乾燥肌には必要になりますが、乾燥肌のテカリを抑えるためには、油分よりも水分が多めの保湿ケアを行いましょう。

水分補給の要である化粧水の浸透をしっかりと行いましょう

スキンケアの中でも1番はじめに行うのが化粧水です。化粧水でしっかりと、肌に水分を与えられるかどうかが乾燥肌によるテカリの防止に繋がります。

洗顔後、肌の水気をタオルでやさしく拭き取ったら、すぐに化粧水をつけて水分補給を始めましょう。洗顔後、肌の水分はすぐに蒸発して乾燥していくため、早めのケアが肝心です。

化粧水をつける際ですが、1度に大量の化粧水をつければ水分を多く補給できるというわけではありません。量よりも、適量を分けて2度づけする方が、うるおいを与えられるでしょう。

時間があれば、コットンやシートでパックし、しっかり浸透させる方がよいです。朝は時間ないという場合は、ハンドプレスで浸透させましょう。

化粧水の後の乳液やクリームですが、乾燥肌のため油分補給を多めにしている場合は、油分控えめの保水成分の高いものに切り替えてみるのもよいです。化粧水以外でも、水分補給はできますので、試してみましょう。

乳液やクリームはパーツごとに調整するとよいです


化粧水の後の乳液やクリームは、手のひらにつけて顔全体になじませているでしょう。これでは、顔全体に油分が入ってしまい、皮脂分泌が多い場所は、油分過多でテカリを招いてしまいます。

各パーツの肌状態に合わせて、塗り方を変えましょう。まず乾燥が気になる箇所に少量をのせ、なじませます。

その後に各パーツごとに分けて少量ずつ塗っていきますが、ベタつきを感じる部分やテカリやすい部分はここで塗るのは避けましょう。

各パーツ、全体的に少量ずつ伸ばして余ったクリームをベタつきやすいところに少し塗ります。ベタつくからといって塗らないと乾燥に繋がりますので、気をつけましょう。

最後に全体的を見て、つけすぎたところがあれば、軽くティッシュオフします。パーツごとに分けることによって、顔全体の油分と水分のバランスを整えられるのです。

油分より水分の多い乳液やクリームを選んでも、油分を含むものになりますので、バランスよくつけることが大切になるのです。

メイクでもテカリを抑える方法があります

スキンケア後のメイクでもテカリ予防を行えます。スキンケアの浸透には数分かかりますので、メイクはスキンケア後10分ほど置いてから行うのがよいでしょう。

すぐメイクを始めてしまうと、スキンケアでの水分補給の効果が薄れてしまいます。また下地を塗ってからファンデーションまでにも数分置くのがおすすめです。

下地もしっかりと肌へ浸透させ、ファンデーションが崩れないようにする必要があります。テカリ防止にも繋がるでしょう。

また下地はムラなくつける必要があります。化粧下地のムラは、ファンデーションが取れやすくなる原因なのです。

規定量を守り、額・両頬・顎・鼻と5点置きして、中指と薬指を使い、内側から外側に向けて丁寧につけましょう。指が難しい場合はスポンジを使ってもよいです。

ほかにも下地を使い分けることでテカリ予防できるのです。下地の多くは、保湿タイプのものと皮脂抑制タイプのもので分かれています。

スキンケアの乳液やクリーム同様、ベタつきが気になる部分、皮脂分泌が多い部分には皮脂抑制タイプのものをつけ、それ以外の部分を保湿タイプものにしてみるのもよいでしょう。

(まとめ)乾燥肌向けのテカリ防止の方法とは?

1.乾燥肌のテカリ防止は、メイクではなくスキンケアでも行えます

乾燥肌でテカリを感じる人は、肌内部の水分不足が皮脂を過剰分泌させているのです。そこでメイク前のスキンケアで肌にしっかり水分を補給しましょう。

乾燥肌には油分も必要ですが、テカリを抑えるためには油分よりも水分多めの保湿ケアがよいです。

2.水分補給の要である化粧水の浸透をしっかりと行いましょう

化粧水で水分補給するのが乾燥肌のテカリ防止の要になります。洗顔後すぐにつけるようにし、適量を2度づけすることで肌にうるおいをしっかり与えましょう。

コットンやシートパック、もしくはハンドプレスを行うと効果的に浸透させることができます。

3.乳液やクリームはパーツごとに調整するとよいです

乳液やクリームは油分を含むもののため、顔全体につけてしまうとテカリを招く原因になります。パーツごとに分けて少量ずつつけましょう。

ベタつきを感じる部分は後から少量をつけるようにし、つけすぎたところは最後に軽くティッシュオフします。

4.メイクでもテカリを抑える方法があります

スキンケアの浸透に時間がかかるので、メイクはスキンケア後10分ほど時間を置いて行うのがよいでしょう。また下地との間も数分時間を置くのがおすすめです。

化粧下地はムラなくつけないと、化粧崩れやテカリの原因になるので気をつけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る