乾燥肌の正しいスキンケアは?

乾燥肌の正しいスキンケアとは、保湿することで皮膚のバリア機能を正常に保つことです


乾燥肌は、乾燥によって肌のバリア機能が低下しているため、刺激を受けやすく、肌トラブルを起こしやすい状態です。そこで肌トラブルに向けたケアを行っても、一時的な改善にしか繋がりません。

乾燥肌の場合は、肌トラブルを防ぐためにもバリア機能を正常に保つように、しっかりとした保湿ケアを行う必要があるのです。季節問わず、毎日のスキンケアに保湿を取り入れましょう。

スキンケアを行う際に念頭に入れて欲しいことは、刺激から肌を守ることです。乾燥肌は刺激に弱い状態であるので、なるべく刺激を与えないよう、やさしいケアを行うよう心掛けましょう。

また根本的な乾燥を改善するため、肌の水分をキープすることは保湿の一番の目的になります。こちらも忘れないようにしましょう。

洗顔からスキンケアの各ポイントをおさえましょう

乾燥肌の方には、洗顔からスキンケアでおさえて欲しいポイントがあります。まず洗顔は肌へ刺激をなるべく与えないようにと洗顔料を使わずにぬるま湯で素洗いする人もいますが、こちらは間違いです。

肌への刺激は洗顔やクレンジングの摩擦や洗浄によるものだけでなく、汚れそのものが肌への刺激になるため、しっかりと落とすことが必要になります。そのため洗顔料は使いましょう。

洗顔料を選ぶ際に保湿成分が豊富なものや弱酸性など肌にやさしい低刺激のものを選ぶとよいです。またよく泡立て、濃密な泡で洗い肌への摩擦を抑えましょう。

次に、化粧水・美容液・乳液・クリームなどのスキンケアです。こちらも洗顔同様、肌への刺激が強いアルコール系成分や防腐剤を含むアイテムは避けた方がよいでしょう。

化粧水はコットンでつけると摩擦を感じやすいため、なるべく手のひらでつけることをおすすめします。その際は、力を入れずにやさしくなじませましょう。

そして美容液や乳液でうるおいを与え、クリームでしっかりとフタをします。こちらは油分と水分をバランスよく補うように心掛けましょう。

スキンケアですが、洗顔後5分ぐらいで肌の水分量は減ってしまうため、早めに行うことが大切になります。

乾燥肌のスキンケアでやってはいけないことがいくつかあります


各ポイント以外にも乾燥肌の対策として、やってはいけないことがあります。肌への負担を軽減するという意味では、目的は同じです。

まず熱いお湯の使用は避けましょう。洗顔で洗い流す時に熱いお湯を使うと、肌に必要な最低限の皮脂までも洗い流してしまうのです。

そうすると肌の保湿機能が失われ、肌から水分を逃してしまいます。熱いお湯ではなく、ぬるま湯を使うように心掛けましょう。

もう1つ、タオルで強く拭くのはダメです。濡れた身体や顔を拭き取る時、ついタオルでごしごしと力を入れて拭いてしまうことがありますが、止めましょう。

とくに顔は皮膚が薄いため、ごしごし擦ると、その摩擦が肌へ負担を与えてしまうのです。この刺激が肌の乾燥を悪化させてしまうこともあります。

水分を拭き取る時は、やさしくタオルでポンポンと触れるように拭きましょう。多少肌が濡れていても、それは汚れではないため、水分がなくなるまでごしごしと拭く必要はありません。

外出先などで乾燥を感じた時のケア方法もおさえておきましょう

朝晩のスキンケアでしっかり保湿ケアをしても、外出先で乾燥を感じ、粉が吹いてしまっていることもあるでしょう。そんな時は、スプレータイプの化粧水や普段お使いの化粧水をスプレーボトルに入れて持ち歩くのがよいです。

粉吹きを感じた時に顔全体にスプレーして、肌に水分を与えましょう。ティッシュなどで軽く押さえて、余分な水分はやさしく吸い取ります。

その後に普段通り化粧直ししていただければ、問題ないです。パウダーファンデーションは浮いてしまうことがあるので、クリームタイプやリキッドタイプの方がよいでしょう。

外出先では湿度も肌の乾燥に関係しており、肌によいとされるのが湿度65~75%と言われています。湿度を気にしてみるのもよいでしょう。

また身体が冷えると血行が悪くなり、汗や皮脂の分泌が少なくなってしまい、肌の防御機能がうまく稼働せず、肌が粉を吹いたり皮が剥けたりしてしまいます。なるべく身体は冷やさないように意識しましょう。

(まとめ)乾燥肌の正しいスキンケアは?

1.乾燥肌の正しいスキンケアとは、保湿することで皮膚のバリア機能を正常に保つことです

乾燥肌は肌トラブルを防ぎ、肌のバリア機能を正常に保つため、しっかりと保湿ケアを毎日のスキンケアに取り入れる必要があります。

スキンケアを行う際は、肌に刺激を与えないやさしいケアと肌の水分をキープすることを念頭に置いて行いましょう。

2.洗顔からスキンケアの各ポイントをおさえましょう

乾燥肌の方は、洗顔やスキンケアのアイテムはなるべく低刺激の肌にやさしいものを選ぶようにしましょう。

洗顔はよく泡立てた濃密な泡で、化粧水はなるべく手のひらでつけるようにして、肌への摩擦が軽減されるよう行うことがポイントになります。

3.乾燥肌のスキンケアでやってはいけないことがいくつかあります

各ポイント以外にも乾燥肌の人にはスキンケアでNGなことがあります。まず熱いお湯は肌の乾燥を悪化させるため使用せず、洗顔はぬるま湯で洗い流しましょう。

タオルでごしごし拭くのもダメです。肌に刺激を与えるため、やさしく拭くようにしましょう。

4.外出先などで乾燥を感じた時のケア方法もおさえておきましょう

外出先で肌に粉が吹いたりした場合は、スプレータイプの化粧水をつけ、水分を補給しましょう。

ほかにも湿度や体温が原因になっていることもあるので、湿度を意識しながら身体を冷やさないようにするのも1つの対策です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る