乾燥肌のクレンジングの選び方は?

乾燥肌のクレンジング選びは、保湿と肌へのやさしさがポイントです


クレンジングの選び方を間違えると、乾燥を悪化させてしまうことがあります。肌に合わないクレンジングを使うと、必要以上に水分や油分が奪われてしまうため、肌が乾燥してしまうのです。

乾燥肌の人は、もともと水分も油分も少なく、肌は刺激に弱い状態になっています。そのため刺激の少ないやさしいクレンジングを選ぶようにしましょう。

また乾燥自体をケアするためにクレンジングにも保湿成分が含まれるものを選ぶのがポイントです。保湿成分のなかでも、乾燥肌には、水分を補う成分や保湿効果の高い成分がよいと言われています。

肌への刺激を軽くするためには、クレンジングの使い分けです

メイクを落とすことに重点を置くと、クレンジングはポイントメイクまでしっかり落とせるものを選んでしまいがちです。

そうすると洗浄力の高いものになるため、ポイントメイク以外の部分には余分な刺激を与えてしまい、乾燥肌の原因になります。

そのためポイントメイクに合わせずにクレンジングを選ぶことが大切です。ポイントメイクとそれ以外の部分でクレンジングを使い分けるのがよいでしょう。

アイメイクやリップなどしっかりとしたメイクにはポイントメイクリムーバーなどを使い、部分的にきちんと落とします。

それ以外の部分は、肌への負担が少ないと言われるクリームやミルクタイプのクレンジングを使いましょう。

ポイントメイクを落とす際ですが、擦りすぎないように注意が必要です。目元や口元は皮膚が薄く、擦りすぎて刺激を与えてしまうと、乾燥しやすくなります。

またメイク汚れが残っていると、肌トラブルの原因にもなるため、コットンや綿棒などを使ってやさしく丁寧に落としましょう。

乾燥肌には向かないクレンジングを選ばないようにしましょう


使い分ける際にクリームタイプやミルクタイプのクレンジングを使うのがよいのは、肌への負担が少ないことになります。

クリームタイプは、保湿クリームのようなコクがあり、適度なとろみがクッションのような役割を果たし、肌への負担を軽減するのです。

ミルクタイプの方は、乳液のような感触でメイクとなじみます。クリームタイプよりも油性が低いので、ナチュラルメイクの方向けです。

肌への刺激が強いタイプは、乾燥肌には向きません。まずオイルクレンジングが挙げられます。

オイルクレンジングは洗浄力が高く、メイクとのなじみもよいですが、そのぶん肌への負担も大きいのが特徴です。乾燥肌の人は控えた方がよいでしょう。

2つ目に、リキッドクレンジングも乾燥肌には不向きと言えます。オイルクレンジング同様、洗浄成分が強く、サラッとしたテクスチャーでクッション性が低いため、肌への摩擦も起きやすいです。

最後に挙げられるのが、拭き取りタイプのシートクレンジングになります。手軽なクレンジングですが、拭き取るときの摩擦は肌への負担が高く、角層にダメージを与えてしまうため、良くありません。

肌へのやさしさだけでなく、すぐに落とすことも大切です

クレンジングは肌へやさしいものを選ぶのがよいですが、肌への刺激となる外的汚れはなるべく早めに落とすことも大切です。早く落とすからといって汚れを残しては意味がありませんので、そこは気をつけましょう。

メイクがなかなか落ちないからと何度も肌を擦すのはダメです。それでは結局肌を傷めてしまうことに繋がります。

クリームやミルクタイプで落ちないなら、オイルタイプを選んでもよいです。オイルタイプを使用する際は、擦らずにスッと汚れ浮かせて洗い流せる洗浄力のあるものにしましょう。

クレンジング料はなじませてから30~50秒で洗い流すのが目安になります。長時間のクレンジングは肌への負担になるので、なるべく早く落とすよう心掛けましょう。

クレンジングは肌に負担をかけることなく、汚れを落とすことが目的なため、長く時間を取る必要はありません。それよりもその後のスキンケアでしっかり保湿を与える時間を取るのが、乾燥肌には大切なのです。

(まとめ)乾燥肌のクレンジングの選び方は?

1.乾燥肌のクレンジング選びは、保湿と肌へのやさしさがポイントです

乾燥肌は水分も油分の少なく、肌は刺激に弱い状態になっています。そのため肌への刺激の少ないクレンジングを選ぶようにしましょう。

また乾燥自体をケアするために水分を補うものや、保湿効果の高い成分を含んだクレンジングを選ぶのがよいです。

2.肌への刺激を軽くするためには、クレンジングの使い分けです

肌への刺激を考えて、ポイントメイクとそれ以外の部分でクレンジングを使い分けましょう。

目元や口元はポイントメイクリムーバーなどでやさしく落とし、それ以外の部分は肌負担の少ないクリームやミルクタイプのクレンジングを使うとよいです。

3.乾燥肌には向かないクレンジングは選ばないようにしましょう

乾燥肌の方は肌への刺激が強いオイルやリキッドタイプのクレンジングは控えましょう。またシートクレンジングも摩擦が肌へダメージを与えるため、乾燥肌には不向きです。

クッション性の高いクリームやミルクタイプの肌負担の少ないものを選びましょう。

4.肌へのやさしさだけでなく、すぐに落とすことも大切です

メイクが落ちないからと何度も擦るのは肌を傷めるため、それならオイルタイプのクレンジングを選んでもよいです。その際は、擦らずにスッと落ちるものにしましょう。

長時間のクレンジングは肌に負担をかけるので、30~50秒を目安に行いましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る