20代で乾燥肌の場合どんなスキンケアをするの?

20代で乾燥肌の方のスキンケアでは保湿を重視しましょう


健康な20代の肌はみずみずしく弾力がありますが、乾燥肌の場合バリア機能が低下して水分が蒸発しやすいので、バリア機能を補うスキンケアをします。そのためには、さっぱりタイプの化粧水を十分つけてから乳液で閉じ込め、美容液やクリームをつけていきます。

またストレスを抱えていると肌トラブルが起きやすく乾燥肌にもなりやすいため、適度に発散をしましょう。疲れもたまっているであれば、まずよく休むことから始めることが大切です。

本来の肌のバリア機能を補うスキンケアをします

20代の健康な肌は水分が保持されており、弾力のある状態でバリア機能が維持されています。そのため外気が多少乾燥したとしても、影響を受けて肌トラブルが起きる可能性は低いのです。

とくに、20代前半はみずみずしい柔らかな肌ですが、乾燥肌の状態にあると肌の水分量を保持することが難しく、20代でも肌トラブルが起きやすくなります。

化粧水をつけてから油分をつける

乾燥肌はバリア機能が弱いために肌の水分が蒸発しやすいため、化粧水で水分を補ってから乳液でフタをし、蒸発を防ぎます。乾燥肌のスキンケアは化粧水と乳液のどちらも使い、その後美容液やクリームなどを使ってさらに保湿を行いましょう。

それから入浴後は肌が柔らかくなっているため乾燥肌が改善したと思いやすいですが、一時的に水分が入っただけなので早めにスキンケアをしましょう。なるべく急いで化粧水と乳液をつけるようにしますが、入浴後放置してしまうと水分が普段よりも蒸発しやすく、乾燥肌が進む恐れがあります。

油分の多いスキンケア化粧品は控えましょう


20代の場合乾燥肌であっても部分的にべたつく場合があるため、しっかり油分でフタをすることよりも水分を与えることを重視します。

さっぱりタイプの化粧水

20代で乾燥肌に悩む時使う化粧品はさっぱりタイプを選び、たっぷりと肌につけて水分を与えましょう。油分の少ない化粧水は、べたつきが気になる部分の保湿に適しています。

ですが、かさつく部分に対しては、重ねづけをして水分を十分与えることが重要と言えるでしょう。

乳液などで油分の調整

顔の全体が乾燥肌であればしっとりタイプの乳液をつけるとよいですが、部分的にべたつく場合は乳液も油分の少ないタイプを選びます。また乾燥がひどければさらに美容液やクリームなどをつけて、肌のバリア機能をサポートしましょう。

ちなみにエイジングケア向けのスキンケア化粧品もありますが、20代ではまだ油分が多いため使う場合はとくに乾燥がひどい部分にします。

オールインワンの前にも化粧水

オールインワンタイプのスキンケア化粧品は、朝など忙しい時には便利ですが乾燥肌では水分が十分入らない可能性があります。そのため、オールインワンのスキンケア化粧品を使う時は、先に化粧水で肌へ水分を与えてからつける方がよいでしょう。

社会人になるなどはじめての経験が多い20代は、ストレス解消も大切です

乾燥肌になる原因のひとつにストレスがあり、20代は就職や結婚など新しい環境に置かれることの多い年代のため、ストレスを抱えやすくなっています。ストレスを抱え込まず適度に発散することが乾燥肌の予防や改善にも役立つので、スキンケアと合わせて行いましょう。

ストレスがホルモンバランスを乱す

ストレスはホルモンバランスを乱れさせることにつながる要因のひとつです。女性ホルモンの分泌にも影響をきたすと、PMSの悪化や肌荒れなどを起こすことがあります。

20代で乾燥肌に悩む時には、ストレスの負荷は大敵と言えます。自分に合った方法で解消しておきましょう。

新生活で疲れた時のストレス解消法

ストレス解消と言えば運動などのように何かをすることをイメージしがちですが、疲れを伴っているストレスの場合はまず休養を必要とします。そのため、リラックスして何もせずゆったりすごすために、アロマやリラクゼーション音楽を聴く、身近な自然に触れる、聞き上手な人に話を聞いてもらうなどがあります。

(まとめ)20代で乾燥肌の場合どんなスキンケアをするの?

1.20代で乾燥肌の方のスキンケアでは保湿を重視しましょう

20代の乾燥肌のスキンケアはさっぱりタイプの化粧水を十分つけてから、乳液でフタをし美容液やクリームでさらに保湿をします。またストレスを抱えやすい20代ですが、ストレスは乾燥肌の原因にもなるので、適度に発散しましょう。

2.本来の肌のバリア機能を補うスキンケアをします

20代で健康な肌であれば水分量がありバリア機能も維持されています。しかし乾燥肌ではバリア機能が弱く水分が蒸発しやすいので、化粧水と乳液で保湿を忘れないようにしましょう。

入浴後は水分が蒸発しやすいため、素早くスキンケアをします。

3.油分の多いスキンケア化粧品は控えましょう

20代の乾燥肌では十分水分を与えることを重視し、さっぱりタイプの化粧水を使いましょう。そして、乾燥の気になる部分には重ねづけをし、しっとりタイプの乳液や美容液などで油分を与え、フタをしましょう。

4.社会人になるなどはじめての経験が多い20代は、ストレス解消も大切です

新生活に入る20代はストレスを抱えることが多いですが、ストレスが大きいと乾燥肌になりやすいため、発散が必要です。ホルモンバランスの乱れにもつながることから適度に発散しますが、疲れを伴う時はまず何もせず休むことを優先しましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る