乾燥肌によるかゆみを抑えるにはどうすればいいの?

乾燥肌のかゆみを抑えるには、肌を内側からうるおす保湿ケアを行うことです


肌がカサつき、かゆみを感じやすい乾燥肌ですが、かゆい時にかいてしまうのは間違いです。肌をかくことで表皮が荒れてしまい、刺激に過敏になってしまいます。

肌が荒れた状態になると、かゆみを感じる神経が表皮の近くに伸びてきて、かゆみを強く感じるようになり、悪循環が生まれるのです。

そこでさらにかきむしるのは止めましょう。しっかりと保湿剤を塗って、かゆみがひどい時はかゆみ止めを塗り、できるだけ肌を刺激しないことが大切です。

乾燥によるかゆみには、しっかりと保湿ケアを行うことが予防に繋がります。一見うるおって見える肌でも、肌の保湿性が低下していると、肌内部は乾燥しているのです。

肌の内側までしっかりとうるおいを与える保湿ケアで、肌荒れにも繋がるかゆみを抑えましょう。

乾燥を防ぐために、入浴後は自分に合った保湿ケアを行うことが重要です

かゆみの根本原因である乾燥を防ぐには、まず保湿ケアをしっかりと行うことです。その際、保湿クリームや保湿成分の入った化粧水や美容液だったら、何でもいいというわけではありません。

保湿剤には尿素やヒアルロン酸などの水溶性成分と、セラミドやスクワランなどの油溶性成分があります。肌の状態によっては、保存剤がかえって肌に刺激を与え、かゆみを引き起こすこともあるのです。

またもともと肌にあるコラーゲンなどの成分であっても、吸収率や効果は人によって異なります。肌の状態は人それぞれ違うので、自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

保湿ケアを行うタイミングですが、皮膚がしっとりしているうちに、塗る方が効果的と言われています。そのため洗顔後や入浴後の30分以内に行うのがおすすめです。

ほかにも保湿ケアを行う時は部屋の空気が乾燥していると、肌の乾燥も進んでしまうため、加湿器などを使って、湿度を50~60%にしておくのもよいでしょう。

食事や生活面からも乾燥によるかゆみを防ぐことできます


スキンケアでの保湿以外にも、乾燥によるかゆみを防ぐ方法があります。まず食事面では肌の代謝を良くする食事を心掛けるようにしましょう。

とくにビタミン類には肌の代謝を促進して、うるおいを保つ働きがあると言われているため、ビタミン類を豊富に取るとよいです。

ビタミンAとビタミンCはその効果が高く、ビタミンCにはコラーゲンの生成を助けるほかにも、シミやシワを予防する抗酸化作用もあるのです。

ビタミンCが豊富な食材としては、赤ピーマンや黄ピーマンや芽キャベツなどがあります。普段の食事に積極的に取り入れてみるのもよいでしょう。

食事面以外にも生活面において、ストレスを貯めないことは大切です。ストレスはステロイドホルモンの分泌を高めて、肌の代謝バランスを悪化させてしまいます。

なかでも睡眠不足は身体にとって大きなストレスとなっているのです。睡眠はしっかり取るように心掛けましょう。

ほかにも辛い食べ物やタバコなどの刺激物は、かゆみを感じる時は止めた方がよいです。

かゆみが生じた場合の対処法は3つです

かゆみを抑えるために乾燥を防ぐようにケアしても、かゆみが生じてしまう場合はあります。その際、かいてしまうと悪化してしまうため、対処法をおさえておきましょう。

冷やす

かいてしまうと、かゆみが増すほか、皮膚が傷ついて化膿する場合もあります。そのためかゆみを感じたら冷やすようにしましょう。

かゆい部分は冷やすと、感覚が鈍ることで楽になります。冷たいおしぼり、氷を入れたビニール袋や保冷剤をハンカチなどで包み、かゆい部分に当てましょう。

市販の薬を塗る

かゆみがあらわれたら、かゆみ止めなど市販の薬を塗り、かゆみを抑えることに努めましょう。自己判断で薬を使うと悪化することもあるので、薬局で相談して、適切な薬を選ぶことが重要になります。

病院で診察を受ける

かゆみが長期間治らない場合や我慢出来ない強いかゆみを感じる時は、自己判断に頼るのではなく、主治医に相談するか皮膚科で1度診察を受けましょう。

(まとめ)乾燥肌によるかゆみを抑えるにはどうすればいいの?

1.乾燥肌のかゆみを抑えるには、肌を内側からうるおす保湿ケアを行うことです

かゆみを感じて肌をかくと、表皮が荒れてかゆみが強くなるため、肌をかくのは止めましょう。

かゆみを感じたら、かゆみ止めや保湿剤を塗り、肌を刺激しないことが大切です。
肌内部からしっかり保湿ケアすることで、かゆみの原因である乾燥を防ぎましょう。

2.乾燥を防ぐために、入浴後は自分に合った保湿ケアを行うことが重要です

保湿剤は肌状態によってかゆみを引き起こす成分もあり、肌のある成分であっても吸収率は人それぞれ異なるものなので、自分の肌状態に合ったものを選びましょう。

保湿ケアを行うのは、皮膚がしっとりしている洗顔後や入浴後すぐが効果的と言われています。

3.食事や生活面からも乾燥によるかゆみを防ぐことできます

食事面でもかゆみを防ぐ方法があります。ビタミン類は肌の代謝を促進してうるおいを保つ働きがあるため、豊富に取るとよいです。

ほかにも生活面においてストレスが肌の代謝バランスを悪化させるため、睡眠不足でストレスを貯めないようにしましょう。

4.かゆみが生じた場合の対処法は3つです

ケアしていてもかゆみが生じてしまう場合はあります。その対処法として、まず冷やすことです。

冷やしてもかゆみが消えない場合は、市販のかゆみ止めを塗るのもよいでしょう。それでもかゆみが治らない場合は、皮膚科で診てもらうのもよいでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る