乾燥肌がひどくなるとうろこ肌になるの?

乾燥肌を保湿せず放置すると悪化してうろこ肌などになることがあります


乾燥肌の状態が悪化すると、うろこ肌になり角質がめくれあがることや粉ふき肌で白くかさつくこともあります。冬の乾燥しやすい時期にはとくに起きやすく、加齢によっても悪化することが多いです。

そしてうろこ肌や粉ふき肌を防ぐには十分な保湿が必要で、入浴後はすぐに水分と油分でケアをしましょう。また入浴時には入浴剤を使って保湿効果を高める方法もあります。

その場合は手作りの入浴剤が乾燥肌には優しく、重曹とクエン酸、豆乳を使いましょう。

乾燥が進むとうろこ肌や粉ふき肌になってきます

多少かさつく程度の、乾燥がまだそれほどひどくない時に十分保湿をして改善しておくとよいでしょう。しかしスキンケアをせず放置した場合次のような状態になる可能性が高いです。

うろこ肌

肌の水分が不足して角質がめくれあがり、うろこのように見える状態です。

粉ふき肌

肌が白く粉をふいたようになっておりかゆみも伴いますが、この状態も乾燥がひどくなっています。皮脂枯れ肌とも言い、スネ・腕・手の甲などに起きやすい状態で皮脂が不足することにより起きるのです。

季節や加齢なども関係している

元々乾燥肌の方の場合、冬になると肌の水分がさらに蒸発して減り、うろこ肌や粉ふき肌になりやすいです。冬の空気は夏と比べて乾燥しているため、水分は乾いた方へ移動しやすいことから、乾燥が進みやすくなります。

また、うろこ肌や粉ふき肌は加齢とともに悪化しやすいとも言われています。20代までは肌の水分を保持しやすいですが、20代でも後半から次第に肌の水分量が減ってくるのです。

そして年齢を重ねるにつれて乾燥しやすくなるため、すでに乾燥肌の方の方であれば、さらに水分量が少なくなり、うろこ肌などになる可能性が高いでしょう。

保湿を十分行って角質が剥がれ落ちることを防ぎましょう


うろこ肌を予防するには十分な保湿ケアが大切で、そのためには肌の内側へ水分を与えて蒸発しないようにすることです。

入浴後のケアを大切にする

入浴後は角質が良く潤った状態にあり柔らかくなっているため、化粧水などの成分が浸透しやすいです。そのためすぐにスキンケアを行い、肌のつっぱりと感じる前にお手入れしましょう。

ちなみにお風呂上がり直後から水分は蒸発し始めて10分後には、入浴前と同じくらいの水分量に戻っています。さらに時間が経過するにつれて水分量は減っていき乾燥が進んでしまうため、乾燥肌を悪化させないためには素早いスキンケアが大切です。

スキンケアの順序を正しく守る

入浴後や洗顔後に保湿する時は、水分をはじめに補いそのあとで油分をつけます。顔だけでなく乾燥がひどくうろこ肌の心配な部分にも化粧水をつけてから、クリームを塗ってもよいでしょう。

しかし高価な美容液を全身に使うことは難しいので、化粧水のあと美容液をつけることは顔だけでもかまいません。また乾燥肌向けのボディクリームも販売されているので、そちらを利用する方法もあります。

入浴剤を使ってお風呂での保湿効果を高める方法もあります

入浴は肌に水分を含ませやすい方法ですが、お湯に入浴剤を入れることで保湿効果アップが期待できます。市販品も多数ありますが、敏感な乾燥肌の方は手作りをしてみてはいかがでしょうか。

重曹とクエン酸

100円ショップなどでも売られている、掃除用の重曹やクエン酸でかまいません。重曹40gとクエン酸20gをお湯に入れると炭酸が発生し、炭酸風呂ができあがります。

炭酸風呂は血行促進が期待されているため、全身の血行を良することで乾燥肌の改善やうろこ肌の予防に役立つでしょう。

豆乳

豆乳100~200mlとエッセンシャルオイル数滴でつくる豆乳風呂は、豆乳に含まれる脂肪分が肌へ入りやすいため保湿をサポートします。またイソフラボンは女性ホルモンに似た形をすることから、肌のハリや弾力を高めると言われており、その点からも乾燥肌のケアに役立つのです。

はじめは100mlの豆乳から始め、自分の肌に合った濃さのお湯で入浴しましょう。

(まとめ)乾燥肌がひどくなるとうろこ肌になるの?

1.乾燥肌を保湿せず放置すると悪化してうろこ肌などになることがあります

乾燥肌が悪化して角質がめくれ、うろこ肌になることがあります。予防するには乾燥肌を十分保湿しておくことで、とくに入浴後は素早くケアしましょう。

入浴時に入浴剤を加えると保湿効果アップが期待できるでしょう。

2.乾燥が進むとうろこ肌や粉ふき肌になってきます

乾燥肌がひどくなると、角質がめくれあがるうろこ肌や白く粉をふく粉ふき肌または皮脂枯れ肌になることがあります。空気の乾燥する冬場に起きやすく、加齢によっても起きやすくなるでしょう。

3.保湿を十分行って角質が剥がれ落ちることを防ぎましょう

うろこ肌を防ぐには、入浴後の角質が柔らかくなっている時にスキンケアをします。この時水分が元の状態に戻る10分経過までを心がけましょう。

順序は肌に水分を与えてからクリームで油分をつけて蒸発を防ぎます。

4.入浴剤を使ってお風呂での保湿効果を高める方法もあります

角質をやわらかくして水分を含みやすい入浴に、入浴剤を加えることでさらに保湿効果を高めましょう。そのために入浴剤を手作りすると乾燥肌にも優しく、たとえば重曹とクエン酸、豆乳などを一定の割合で加えてつくることができます。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る