乾燥肌とインナードライの違いは?

乾燥肌とインナードライの違いは肌表面のべたつきの差です


乾燥肌とインナードライの違いは、肌の表面がかさついているかべたついているかで、どちらも肌の内側は乾燥しています。そのため乾燥肌もインナードライも十分な保湿が必要です。

洗顔後は化粧水を重ねづけして美容液もつけ、クリームで水分が蒸発しないようにします。また、古い角質がたまると乾燥しやすいのでセルフピーリングをすることもよいでしょう。

乾燥肌もインナードライも、肌の内側では乾燥しています

肌の表面がカサカサしていたり、シワがあったりすると乾燥肌にあたります。一方肌の表面は脂でベタついているにも関わらず、肌の水分量が少ないために弾力がなくなっているような状態がインナードライです。

インナードライは過剰な皮脂分泌が起きる

健康な肌の内側には水分が十分保たれていますが、乾燥肌やインナードライの場合は水分が蒸発しやすくなっています。どちらも肌表面のバリア機能が低下しているために起きるトラブルで、インナードライの場合は少しでも肌の内側の水分を守ろうとして起きます。

肌の水分を閉じ込める働きを皮脂がしていますが、少しでも水分を保持しようと過剰に皮脂分泌されてしまう状態がインナードライです。そのため乾燥気味であるにも関わらず、肌はべたついている状態になるのです。

バリア機能が低下する原因

洗浄力の高いクレンジング剤や洗顔料を使うと、必要な皮脂まで落としてしまいバリア機能の低下につながります。洗顔やクレンジングだけでなく、ティッシュや油とり紙などで頻繁に皮脂をふき取っていても皮脂が不足してしまいます。

乾燥肌とインナードライは十分な保湿が必要です


乾燥肌とインナードライでは、どちらも肌の奥に水分が不足しているため、水分を与えて油分で閉じ込めるスキンケアが必要です。インナードライの場合表面のべたつきが気になって洗いたくなりますが、洗顔の回数を増やしたり洗浄力の高い洗顔料などを使ったりすることは避けましょう。

また温度の高いお湯で洗顔することも皮脂を落とす原因になるため、30~35度くらいのぬるま湯で洗います。

肌内側の乾燥を保湿する方法

普段から化粧水などを使って保湿をしていても乾燥やべたつきを感じる場合、方法に誤りがあるかもしれません。まず洗顔をしたあとすぐに化粧水を手に取って押さえるように肌へつけますが、2~3回重ねづけしましょう。

さっぱりタイプやしっとりタイプなどありますが、年齢に合ったスキンケア化粧品を選ぶこともポイントです。その後美容液をつけて水分に膜をつくることで肌の内側に潤いを保持します。

それだけでは化粧水と美容液が蒸発しやすいため、クリームをつけて油分で保護しましょう。乾燥肌の場合はこのあとオイルでさらに保護しても構いません。

ピーリングによって乾燥などのトラブルを改善する方法もあります

肌の内側が乾燥すると肌トラブルを招きやすく、それが原因でターンオーバーサイクルを乱れさせている場合があります。すると古い角質がたまっており、洗顔後化粧水などでスキンケアをしても肌の中まで入っていきづらいのです。

そのような場合には、ピーリングをして肌トラブルを改善する方法を試してみましょう。

自宅でできるピーリング

セルフピーリングに使うピーリング剤は、ゆるやかに角質を落とす成分が使われています。中でもAHAを配合した製品は角質の細胞同士を離れやすくし、古い角質を落とすことが期待されています。

そしてピーリング剤の種類は、洗顔料タイプ・塗って洗い流す・洗い流さない・ふき取る・塗ってこするといった5つの種類です。

このうち、洗顔料にAHAが含まれたタイプは比較的ピーリング効果が弱いため、毎日使用してもかまいませんが、肌に刺激を感じる時は回数を減らしましょう。ややピーリング効果の強い物は、塗って洗い流すタイプで週1回程度の頻度が目安です。

しかし乾燥肌の場合、ふき取る・塗ってこするタイプのピーリングは刺激が強いため控えめにしましょう。

(まとめ)乾燥肌とインナードライの違いは?

1.乾燥肌とインナードライの違いは肌表面のべたつきの差です

肌表面がかさついていれば乾燥肌、べたついていればインナードライでどちらも肌の内側が乾燥しています。そのため、どちらの場合も十分な保湿が必要で、化粧水と美容液でケアしたあとクリームで閉じ込めるようにしましょう。

2.乾燥肌もインナードライも、肌の内側では乾燥しています

乾燥肌は肌表面がかさついており、インナードライはべたついています。表面の状態に違いはありますが、どちらも肌の内側は乾燥しており、洗浄力の強い洗顔料や油分のふき取りすぎによりバリア機能が低下した状態です。

3.乾燥肌とインナードライは十分な保湿が必要です

乾燥肌とインナードライに共通している、肌内側の乾燥を改善するために十分な保湿をしましょう。洗顔をしたあと2~3回化粧水をつけ、美容液をつけたあとクリームで水分を閉じ込めます。

4.ピーリングによって乾燥などのトラブルを改善する方法もあります

古い角質がたまると肌のターンオーバーサイクルが乱れ、乾燥が悪化することもあります。そのためセルフピーリングで古い角質を取る方法があり、乾燥肌の場合はピーリング成分入り洗顔料を使うか、週1回程度で塗って洗い流すタイプがおすすめです。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る