乾燥肌にはヒアルロン酸がいいの?

ヒアルロン酸は乾燥肌の防止にも役立ちます


ヒアルロン酸は保湿力に優れ、肌から必要以上に水分が出て行ってしまうのを防いでくれるため乾燥肌対策としても利用できます。ヒアルロン酸が配合されたスキンケア用品は多くあるため、自分に合ったものを選びましょう。

ただしヒアルロン酸は肌表面の保湿には役立つものの、失われた水分を取り戻すものではありません。他の対策とあわせて利用していくのがよいでしょう。

ヒアルロン酸は人体にもともと含まれる成分です

ヒアルロン酸は人間の皮膚や目、へその緒など、体内のあらゆるところにもともと存在する成分です。ヒアルロン酸の特徴はその優れた保湿力にあります。

ヒアルロン酸1gで、水6リットルを保持できるといわれるほどです。ヒアルロン酸はこのようにわずかな量でありながら大量の水分を保持し、コラーゲンなど他の成分同士の間に挟まってクッションのように両者の接触を緩和します。

ヒアルロン酸は本来、皮膚の表皮のさらに奥にある真皮というところを中心に存在していますが、残念ながら加齢に伴い、その量を減らしていってしまいます。

そのため加齢が進むほど保持できる水分が少なくなり、乾燥肌・ハリの低下・シワなどに繋がるのです。

ヒアルロン酸が減りだすのはとくに30代以降と言われています。減っていくことは止められないため、せめて失われていく分を補ってやらなければなりません。

20代より30代、30代より40代と、年齢を重ねるほどヒアルロン酸の重要性を意識していきましょう。

ヒアルロン酸は外側からの補給と内側からの補給があります


ヒアルロン酸を補給する方法は2つあります。すなわち外側から補給するか、それとも内側から補給するかです。

これらの方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。まず一般的な外側からヒアルロン酸を補給する方法です。

ヒアルロン酸は有名な保湿成分であるため、配合している化粧品も多くあります。またヒアルロン酸単体で売られていることもあります。

これらの製品を肌表面に塗ることで、肌の表面にヒアルロン酸を補給できるでしょう。ただしこの方法では肌の奥の真皮まで浸透しません。

ヒアルロン酸の分子は真皮まで浸透するには大きすぎるためです。しかし逆に肌表面にとどまって保湿するのには適していることから、肌の乾燥を防ぐという点では一定の効果を期待することができます。

乾燥しやすい冬の季節など、出かける前に塗っておくという使い方も可能です。

もう1つの内側から補給する方法では、ヒアルロン酸を含むサプリメントを使用します。ヒアルロン酸を直接内服することで、その成分を体内に取り入れるというものです。

しかしヒアルロン酸を内服しても、実は効果が得られないという説もあります。効果があるという人もいますが、外側からの方法に比べて有用なデータが少なく、確実性や安全性に欠けるため注意が必要です。

またこちらもやはり分子が大きいものだと上手に取り込むことができないと考えられています。

サプリメントをどうしても利用したいのであれば、低分子ヒアルロン酸と呼ばれる、分子をナノ化して吸収しやすくしたヒアルロン酸の製品を使うとよいでしょう。

ヒアルロン酸と相性のよい成分も補給しましょう

ヒアルロン酸は保湿に大切な成分ですが、だからといってヒアルロン酸だけがあればよいというものではありません。ヒアルロン酸ととくに関わりの深い成分として、コラーゲンとエラスチンという2つの成分が存在します。

コラーゲンは真皮の7割を占める成分、エラスチンはそんなコラーゲンを支える、肌の弾力に関わる繊維です。ヒアルロン酸とコラーゲンとエラスチンは、それぞれお互いに作用して肌の保湿に関わっています。

どれかが足りなくなれば引きずられるようにして他の成分も足りなくなったり、あるいは十分に力を発揮できなくなったりするのです。そのためこの3つをバランスよく取り入れていくことが重要になります。

この3つは肌に重要な成分であることから、化粧品に配合されていることも多いほか、食品やサプリメントからも摂取することが可能です。

しかし食事から摂取できる分は限られるため、化粧品を中心に上手に利用していくのがよいでしょう。

どの成分も加齢とともに失われていきやすいものです。早めにケアをして、つらい乾燥肌から抜け出しましょう。

(まとめ)乾燥肌にはヒアルロン酸がいいの?

1.ヒアルロン酸は乾燥肌の防止にも役立ちます

ヒアルロン酸は保湿力に長けているため、乾燥肌対策としても有用です。ヒアルロン酸配合のスキンケア製品を利用するとよいでしょう。

ただし他の成分も重要であるため、ヒアルロン酸だけを過信するのはよくありません。

2.ヒアルロン酸は人体にもともと含まれる成分です

ヒアルロン酸は人の皮膚などにもとから存在しており、強い保水力があります。しかし年齢を重ねるほどに減少していくため、ヒアルロン酸が少なくなると乾燥肌やシワなどに繋がるのです。

年齢を重ねるほど補給が重要になります。

3.ヒアルロン酸は外側からの補給と内側からの補給があります

ヒアルロン酸の補給には、化粧品などの外用か、サプリメントの内用などがあります。しかし化粧品の場合は真皮までなかなか浸透せず、サプリメントは効果が立証されていません。

肌表面の保湿と割り切って使うとよいでしょう。

4.ヒアルロン酸と相性のよい成分も補給しましょう

ヒアルロン酸は、同じく真皮に含まれるコラーゲンやエラスチンとお互いに作用して効果を発揮します。

どれかが足りないとバランスが崩れるため、乾燥肌対策のためにはすべてを意識して補給していくことが重要です。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る