花粉が原因で乾燥肌がひどくなるの?

花粉が原因で乾燥肌がひどくなる場合もあるとされています


乾燥肌の場合、肌のキメが乱れて隙間から花粉が入り込み、肌に刺激を与えて、炎症を起こすことがあります。かゆみや赤みが出るほか、赤い湿疹やかぶれなどの症状が見られます。

花粉により肌荒れを軽減させるには、花粉が付いた顔をすぐに洗顔し、しっかり保湿ケアで細胞をカバーすることが大事です。水分と油分でしっかり満たすことで肌のバリア機能も高まり、花粉の肌内部への侵入も徐々になくなるでしょう。

また睡眠をしっかりとるなど規則正しい生活や、栄養バランスのとれた食事にも心がけましょう。

乾燥肌の人は花粉により肌が荒れる花粉皮膚炎になる可能性があります

乾燥肌の人は特に花粉症に時期になると肌が荒れやすいと感じることもあるでしょう。花粉により肌に炎症が起きてしまう状態を、花粉皮膚炎と言われています。

元から乾燥肌の人だと、肌の表面のキメが乱れてかさつくほか、肌の表皮の薄皮が剥けている状態になりやすいものです。そのスカスカになった肌細胞の隙間から、花粉の粒子が入り込み、刺激となって炎症を招くのです。

刺激により肌がかゆくなりますし、かくと今度は皮がより捲れてヒリヒリ痛み、傷になるなど肌荒れが悪化していきます。また赤い湿疹のようなブツブツができることもあります。

とくに目の周りや頬、顎や口の周りなどは皮膚が薄いので、刺激を受けやすいため、肌トラブルがひどく出やすいと言えます。また花粉症により鼻をかんだり、目を擦ったりするという動作が多い乾燥肌の人の場合、摩擦も加わるので余計花粉皮膚炎がひどくなってしまいます。

春は風が吹いて晴天の日も多く、空気も乾燥しやすいので余計肌も水分不足に陥りがちになるので乾燥肌の人は要注意です。

花粉による肌荒れ予防には洗顔と保湿が大事です


花粉による乾燥肌の人の肌荒れを防ぐには、付着した花粉をすぐに落とす洗顔がポイントとなります。洗顔料は肌への刺激が少ない弱酸性のものを選びましょう。

まず石鹸で手を洗って手についた花粉を落とし、ぬるま湯でこすらないようにさっと顔全体を洗い流します。洗顔料をしっかり泡立てて、泡で顔を撫でるように優しく、指に腹で円を描くようにソフトタッチで洗います。

それからぬるま湯でしっかりすすぎます。髪の生え際や顎の下などは泡が残りやすいので、丁寧に行いましょう。そしてタオルで擦らないようにポンポンと水分を除去したら、どんどん肌の水分が失われていくので、時間を置かずに保湿ケアをしましょう。

ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水でしっかり潤し、乳液の油分で蓋をして水分を肌の中に浸透させ、閉じこめます。化粧水だけでは保湿成分がすぐに蒸発してしまうので、乳液かクリームを必ず重ねづけするのがポイントです。

規則正しい生活と栄養のある食事、ストレス解消が必要です

花粉症の時期の乾燥肌、肌トラブルを予防するには日常生活でも気を付けたいことがあります。寝不足は疲労は取れず、体の免疫力を弱めて肌荒れを助長させます。

日付が変わる前には眠り、1日7時間程度は睡眠時間を確保しましょう。肌は就寝中に盛んに分泌される成長ホルモンの作用で、古い角質が剥がれて生まれ変わるターンオーバーが活発化します。

睡眠は美肌を作るのに欠かせないのです。またストレスも免疫力を下げる要因となります。

スポーツなどで体を動かすことや、気分転換に出かけるなど自分なりの発散法を見つて取り入れストレスを溜めないようにしましょう。そして毎日の食生活も見直してみましょう。

栄養が偏らないように気をつけ、バランスよく3食食べられるように工夫してみて下さい。またとくに肌の代謝を助けるビタミンB群を含むかつおやまぐろ、豚肉や牛乳などを食事に取り入れましょう。

また弱った肌を活性化させるビタミンCを含む、ほうれん草・キウイ・イチゴなども効果的だとされています。

(まとめ)花粉が原因で乾燥肌がひどくなるの?

1.花粉が原因で乾燥肌がひどくなる場合もあるとされています

乾燥肌で表皮がめくれた肌に花粉が入り込むと、アレルギー反応によりかゆみや湿疹などが生じ、肌が荒れることがあります。花粉による肌トラブル回避には、花粉を優しく洗い流す洗顔や、しっかりカバーする保湿ケアなどが大事になってきます。

2.乾燥肌の人は花粉により肌が荒れる花粉皮膚炎になる可能性があります

乾燥肌の人は、肌がかさついており捲れた表皮から花粉が肌の中に入り込み、刺激となって炎症を起こすことがあります。痒みや赤みが出る場合や、湿疹が引かないなどの症状に悩まされます。

また鼻をかんだり目を擦ったりすれが肌荒れも悪化します。

3.花粉による肌荒れ予防には洗顔と保湿が大事です

帰宅したら炎症の原因となる花粉を洗顔でまず洗い流すことが大事です。肌を擦らないように優しく洗い、しっかり漱ぎます。

洗顔後はすぐにしっかり保湿ケアを行い水分を閉じこめてバリア機能を高めましょう。

4.規則正しい生活と栄養のある食事、ストレス解消が必要です

肌の状態を良くするには、規則正しい生活を心がけ、しっかり睡眠を取り、栄養バランスのとれた食事を3食きちんと食べることが大事です。またストレスは肌に良くないので、適度に気分転換を図り、ストレス発散に努めましょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る