紫外線による肌の赤み対策とは?

紫外線による肌の赤みは冷やして保湿するケアを行いましょう


紫外線により日焼けすると肌は炎症を起こし、赤みが出て痛みを感じます。赤みへのケアとしてはまず冷やしてクールダウンさせます。

肌の汚れを落とすために洗顔し、かさつきをケアするために化粧水や乳液でしっかり保湿します。体の内側からも水分を補給するために水を飲みましょう。

炎症がやや引いてきたら、低刺激の洗顔料を使うなど肌への刺激を最小限に抑え、保湿を重点的に行いながら肌の回復を待ちましょう。

肌の赤みは火傷と同様の状態なので冷やしてから洗顔・保湿を行いましょう

紫外線を浴びた肌は日焼けしており、一種の火傷を負った状態にあります。赤みは肌の内部が熱を持ち、炎症を起こしているサインでもあります。

熱を放出させるために、肌を冷やすケアをまず行う必要があります。水で濡らしたタオルを赤みに当てて冷やします。

保冷剤を巻いたタオルや氷を入れたビニール袋も活用しましょう。また日焼け止めを塗っているなら、クレンジング剤で一度落としましょう。

日焼け止めは炎症で弱った肌への刺激となり、炎症がなかなか収まらない場合もあるからです。クレンジング剤は、肌への刺激が弱いものを選び、肌を擦らないように優しくなでるように洗います。

水だと毛穴が閉じて汚れが落ちにくく、熱いお湯は肌への刺激となり炎症が悪化します。37℃位のぬるま湯で洗うとよく落ちます。

クレンジング剤が肌にしみる場合は無理に使わず、ぬるま湯だけで洗いましょう。洗顔後はすぐに保湿します。

肌内部は紫外線によりひどい乾燥状態にあるので、いつもよりも多めに化粧水で潤し、乳液やクリームなどを塗ると、油分で水分を閉じ込めるので、水分の蒸発を防げます。化粧水が肌にしみる場合は、すぐにぬるま湯で洗い流します。

刺激の少ないワセリンなどを塗ってみましょう。

水分補給や慎重なスキンケアをして肌の回復を待ちましょう


紫外線を浴びて、肌が炎症状態にある時は体内の水分量もかなり不足し、全身の肌も乾燥状態にあります。ミネラルウォーターなどをいつもより多めに飲み、水分補給をしておきましょう。

日焼けをした翌日からも、まだ肌が回復していないのでスキンケアは慎重に行う必要があります。洗顔もひりひり感が引かないようなら、洗顔料を使わないでぬるま湯のみで行います。

痛みが引いたら、低刺激のものを使用し、徐々に普段使いものへと戻していきましょう。保湿ケアもコットンを使うと肌への刺激となるので、手の平で頬を押さえるように優しく行います。

化粧水は冷蔵庫で冷やしておくと、肌の冷却も同時にできます。肌の状態が落ち着いたら、シミ予防のために美白成分を含んだ化粧水を取り入れると、色素沈着によるシミやくすみの予防にも効果的だとされています。

万一、ケアしても赤みが引かず肌がひりひりして痛みが増す、水疱ができるようなら日焼けが重症化している可能性があります。セルフケアをやめて、皮膚科を受診しましょう。

肌の赤み対策には冷却や保湿などの肌ケアと肌への刺激を減らす生活がポイントです

紫外線による肌の赤みは、冷やす・保湿するといったケアを行えば、徐々に引いていきます。ただ肌内部はまだダメージから回復していないので、刺激を与えないような生活に心がけましょう。

入浴や洗顔はぬるま湯にして、水圧の強いシャワーをかけるのは控えましょう。肌もゴシゴシと擦らないように注意が必要です。

枕カバーやシーツなどの寝具も肌触りのよい、柔らかなものを選ぶことで、睡眠中の肌への摩擦によるダメージを防げます。また肌のダメージを内側から回復するために、食生活にも気を付けましょう。

肌の粘膜をカバーするビタミンA、肌の新陳代謝を促し、シミの原因となるメラニンの生成を防ぐビタミンC、肌の老化の原因となる活性酵素の活発化を防ぐビタミンEなどの栄養素が効果的だとされています。

ビタミンAは、ニンジン・カボチャ・トマトなど、ビタミンCは、オレンジなどの柑橘類・イチゴ・ほうれん草・ブロッコリー、ビタミンEは、ごま・ナッツ類などに多く含まれます。

(まとめ)紫外線による肌の赤み対策とは?

1.紫外線による肌の赤みは冷やして保湿するケアを行いましょう

紫外線で肌に赤みができたら、冷やして熱を取ることが大事です。肌へ刺激を与えないように軽く洗顔し、後はしっかり保湿を行います。

体内の水分も不足しているので水分補給もしておくのがポイントです。

2.肌の赤みは火傷と同様の状態なので冷やしてから洗顔・保湿を行いましょう

肌に赤みが出るのは火傷して皮膚が炎症を起こしているのと同じ状態のため、まずは濡れたタオルなどで冷やしましょう。低刺激のクレンジング剤かぬるま湯で日焼け止めやメイクを洗い流すと、肌への負担が軽くなります。

洗顔後はすぐに化粧水で保湿しましょう。

3.水分補給や慎重なスキンケアをして肌の回復を待ちましょう

日焼けで全身の肌が水分不足なので、水を飲んでまず水分補給をしましょう。肌の炎症によるひりひり感が引いたら、低刺激の洗顔料や化粧水を使うなど、慎重に肌ケアを行います。

万一、赤みが悪化するようなら早めに皮膚科を受診することを検討しましょう。

4.肌の赤み対策には冷却や保湿などの肌ケアと肌への刺激を減らす生活がポイントです

紫外線で肌に赤みが出たら、まず冷やしてから化粧水などでしっかり保湿し、水分補給をしてあげることが大事です。また肌を擦らない、寝具を肌触りのよい物に変えるなど肌への刺激が少ない生活を心がけましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る