花粉から肌を守るにはどうすればいい?

花粉から肌を守るには花粉に触れないように気をつけることが大切といえます


春になると、大量に飛散する花粉が原因で肌にかゆみが生じたり、腫れたりするなどの肌トラブルが生じる場合があるといわれています。空気中の花粉が原因で、鼻水・目の充血・かゆみなどの症状がでる花粉症のように、これらの症状は花粉に対するアレルギーが原因で肌が荒れるなどのトラブルが生じる「花粉皮膚炎」とされています。

花粉に肌が接触すると荒れてしまうので、花粉を避けることが大切といえるでしょう。

花粉との接触を避けるには普段の生活が重要です

花粉症になる方は年々増加しているといわれています。花粉の飛散量が増えていることや食生活の変化、喫煙、ストレスなど、花粉症になる原因はたくさんあるとされています。

とくにアレルギー体質の方が毎年花粉の飛んでいるなかで暮らしていると、花粉が体に入り込んだときに花粉に対して反応する抗体が少しずつ体内で作られて徐々に増加していきます。この花粉に対する抗体の数が個人の許容量を超えたときに、突然花粉症や花粉皮膚炎の症状が発症すると考えられています。

花粉皮膚炎では肌に花粉が接触すると湿疹などのアレルギー症状がでるとされています。目の周り・頬・首など、肌が露出している部分にかゆみや赤み、ひりひりする症状が出やすいので、外出時には眼鏡やマスク、帽子などをつけてできるだけ肌の露出を減らすようにしましょう。

そして帰宅後には、外で上着の花粉を払い落してから家に入ることや、すぐに手洗い、メイク落とし、洗顔を行うなど、家に花粉を入れないようにすることが大切といえます。まだ花粉皮膚炎でも花粉症でもないという方でも、いつ発症するかわからないため、予防のためにも普段から花粉を避けるようにするといいでしょう。

健康な肌は表皮のバリア機能が働いている状態といえます


健康な肌は表皮の一番外側にある角質層のきめが細かく、角質が古くなってはがれ落ちるまできちんとした層を作っている状態とされています。角質層がしっかりしていると、身体の内部に花粉や紫外線などさまざまな異物による刺激から肌を守るようにバリア機能が働くといわれています。

肌が健康な状態でバリア機能が働いていると、花粉の刺激による肌荒れが生じにくくなることが期待できるでしょう。逆に敏感肌とは、角質層が乱れていて外界からの刺激を受けやすい状態の肌とされています。

この状態では、肌が乾燥して十分な水分が蓄えられていないため、角質は硬くなってはがれやすくなっているといえます。そして角質層による蓋が機能していないために、肌の水分がさらに蒸発して乾燥が進んでいく悪循環が生じている状態といえるでしょう。

肌のバリア機能が働いていないため、花粉や紫外線、化粧品などの普段は何の問題もないちょっとの刺激にもダメージを受けて、肌に赤みやひりひり感、ほてり感などの症状が起きやすく、花粉皮膚炎になりやすい状態とも考えられています。

毎日の肌ケアで、肌ダメージを減らして丈夫にできるでしょう

健康な肌は敏感肌よりもダメージに強いため、肌のつらい悩みのひとつとされる、花粉皮膚炎になりにくいといえるでしょう。そのため肌を普段から健康な状態で保つことができれば、主に春先に生じる肌のかゆみや肌荒れなどのトラブルの予防に役立つといえます。

肌トラブルに負けない肌は、バリア機能がしっかり働いている肌とされています。角質層を整えて肌のバリア機能を維持するためには、化粧水や美容液、保湿クリームなどで毎日しっかりと肌の保湿をするといいでしょう。

春には、気温が上がるため汗や皮脂が増加して汚れが溜まりやすくなり炎症を起こすことがあるといわれています。また紫外線も強くなる季節のため、肌の乾燥や紫外線によるダメージを受ける場合があるとされています。

肌に対するダメージが多い春には、刺激の少ないスキンケア用品で優しくメイク落としや洗顔を行い肌の汚れをやさしく落としてから、たっぷり保湿を行うこと、直接肌に刺激が当たらないように紫外線カットを行うことなどに注意して、肌を丈夫に保つことが期待できるでしょう。

(まとめ)花粉から肌を守るにはどうすればいい?

1.花粉から肌を守るには花粉に触れないように気をつけることが大切といえます

春になると大量に飛散する花粉のために肌にかゆみが生じる、肌が荒れるなどのトラブルが生じることがあります。

花粉が原因で症状が現れるため、花粉との接触を避けることが予防になるでしょう。

2.花粉との接触を避けるには普段の生活が重要です

花粉皮膚炎は毎年多くの方が発症している症状です。

花粉に接触していないときには症状が出ないため、普段から肌の露出を減らして花粉を避け、家の中に花粉を入れないことで花粉皮膚炎の予防や改善に役立ちつとされています。

3.健康な肌は表皮のバリア機能が働いている状態といえます

健康な肌は角質層のきめが細かく、バリア機能が働くきちんとした層が作られている状態とされています。

敏感肌は角質層が乱れているため、ちょっとの刺激からもダメージを受けやすく、花粉皮膚炎にもなりやすいと考えられています。

4.毎日の肌ケアで、肌ダメージを減らして丈夫にできるでしょう

肌のバリア機能がしっかり働いている健康な状態を保つためには、刺激の少ないスキンケア用品を選びましょう。

刺激の少ないケア用品で肌の汚れをやさしく落とし、たっぷりと保湿を行うことで肌を丈夫に保つことが期待できます。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る