花粉による肌荒れを防ぐためのケアとは?

花粉による肌荒れ予防には、保湿ケアが大事だとされています


花粉は肌荒れを招く要因の一つだとされています。それは、肌のバリア機能が低下し、花粉が角質層にできた隙間に入り込んでアレルギー反応を起こすからだとされています。

角質層の隙間を埋めるには、保湿ケアをしっかり行い、水分や保湿成分でしっかり満たしておくことが大事です。また花粉を肌に付着させないような対策もポイントです。

さらに肌のターンオーバーを正常化させるために、規則正しい生活やストレス解消などにも留意しましょう。

花粉による肌荒れは、バリア機能の低下が要因だとされています

花粉症の時期になると、鼻や目の症状以外にもかゆみやかぶれ、かさつきなど肌のトラブルに悩まされる人も多いものです。花粉は肌トラブルを引き起こすと言われています。

それはバリア機能の低下が原因の一つだと考えられています。肌はバリア機能によりウイルスや花粉などの異物や外部の刺激から肌を守っています。

肌の表面の角質層は、通常は水分で満たされて、保水されています。しかし空気の乾燥や肌のターンオーバーの乱れなどにより、角質層の中に隙間が生じるとバリア機能が低下し、花粉などの異物が中へと入り込んでしまうのです。

アレルギー反応によりかゆみやかぶれなどの肌トラブルが起こります。こういった肌トラブルを防ぐには、角質層をしっかり保湿して水分を閉じ込め、バリア機能を正常化させる必要があるのです。

そのためには、肌の保湿ケアをきちんと行うことが大事です。ヒアルロン酸なコラーゲンなどの保湿成分をしっかり含んだ化粧水を肌によく馴染ませ、保湿成分を肌の隅々にまで浸透させるのがポイントです。

パックを活用すると、肌に成分が行き届きやすいと言えるでしょう。

花粉を肌の付着させないようにすることも、肌荒れ予防対策となります


バリア機能を高めることも、花粉による肌荒れ予防にはたしかに効果的だと言えます。しかし花粉そのものを肌に付着させないようにする対策も重要になります。

鼻や目などの花粉症の症状が軽くても、肌が弱い人ならマスクなどで顔をカバーして、花粉の付着を防ぐようにしましょう。花粉の付着を防ぐミストタイプのスプレーを市販されているので、外出前に使用しておくと安心です。

また紫外線も肌荒れを悪化させるので、メイクは薄めにして日焼け止めはしっかり塗って顔を保護してあげることが大事です。髪の毛が顔につくと、髪についた花粉が顔に付着し、髪の摩擦で肌荒れが悪化する場合もあります。

髪はまとめるか、帽子をかぶるとよいでしょう。外出先でも、屋内に入ったら濡れたコットンなどで顔についている花粉を時々拭きとるだけでも、かゆみや赤みが和らぐとされています。

帰宅したら、髪や服についた花粉を外で払い落としてから着替えましょう。手洗いや洗顔をできるだけ早く済ますことで、花粉が肌に付着する時間を減らすことができます。

肌のターンオーバーを整えるような生活を心がけましょう

花粉による肌荒れはバリア機能の低下が原因と説明しましたが、バリア機能の低下は肌のターンオーバーの乱れにも影響を受けています。肌は一定の周期において古い角質が剥がれ落ち、下から新しい肌細胞がでてきて生まれ変わっていきます。

このターンオーバーの周期がズレてくると、角質が毛穴につまってバリア機能を低下させることにもつながります。肌のターンオーバーの乱れは主に、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが原因だとされています。

花粉による肌荒れを防ぐには、睡眠をしっかりとって規則正しい生活を送ることも大事だと言えます。とくに熟睡できる質のよい眠りは成長ホルモンの分泌を促し、肌にもよい効果をもたらすと言われています。

日付が変わる前には寝る、寝る前はスマホなどを見ないなど睡眠環境を整えましょう。そして食生活においても脂肪分や油分の多いものの食べ過ぎに注意し、野菜や果物などをたっぷり摂るようにしましょう。

またスポーツやドライブなど自分の好きなことをする時間を作り、気分転換してストレスを発散させることも大事です。

(まとめ)花粉による肌荒れを防ぐためのケアとは?

1.花粉による肌荒れ予防には、保湿ケアが大事だとされています

花粉による肌荒れは、乾燥などによるバリア機能の低下が招くので、保湿ケアでしっかり対策することで予防も可能だとされています。また花粉を付着させない、肌のターンオーバーを正常化する対策も合わせて行いましょう。

2.花粉による肌荒れは、バリア機能の低下が要因だとされています

花粉による肌荒れは、肌のバリア機能低下により花粉が角質層へ入り込み、アレルギー反応を起こすことが原因だとされています。角質層を水分や保湿成分で満たし、バリア機能を高めるために保湿ケアをきちんとこまめの行うのが効果的だとされています。

3.花粉を肌の付着させないようにすることも、肌荒れ予防対策となります

花粉シーズンにおける肌荒れを悪化させないためには、マスクや帽子などで顔や髪をカバーし、花粉を肌に付着させないことも大事です。さらに帰宅後は家の外で花粉を払う、手洗い洗顔をするなど室内に花粉を持ち込まないようにしましょう。

4.肌のターンオーバーを整えるような生活を心がけましょう

バリア機能を高めるには、肌のターンオーバーを正常化させる生活スタイルもポイントになります。睡眠をしっかりとる・栄養バランスによい食事を摂る・ストレスを解消するといった対策が、肌のターンオーバーを整えるのに効果的だとされています。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る