紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの方がよいの?

肌への影響を考えると紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使ったほうがよいとも言えます


日焼け止めには、肌の表面で化学反応を起こすことで紫外線をブロックする、紫外線吸収剤入りのものがあります。さらに肌の表面で紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤入りのものを市販されています。

紫外線吸収剤は、肌に刺激を与え肌荒れを起こすこともあります。肌への影響を考えると、紫外線吸収剤不使用のものがよいとされています。

また日焼け止めを選ぶ際は他の成分や、肌へのつけやすさなどもきちんと確認しておくことが大事です。

紫外線吸収剤は、紫外線ブロック力に優れ、肌に馴染みやすい特徴があります

日焼け止めを選ぶ際に、紫外線吸収剤が不使用かどうかをチェックするのは大事だと言われています。そもそも紫外線吸収剤というのは、肌の表面に降り注ぐ紫外線が肌の中に浸透しないように、肌表面で化学反応を起こしブロックする作用があります。

しかし化学反応が起こると、肌がちくちくするときや、ヒリヒリ感を感じることもあります。また肌が弱い人だと刺激により炎症がおきて、赤くなるほか、湿疹ができるケースもあるのです。

これは化学反応自体の刺激や、化学反応が起きてできて物質の影響、もしくは化学反応で産出された熱が原因だとされています。紫外線吸収剤は透明で白く浮かず、さらっとしていて肌になじみやすく、汗に強いというメリットもあります。

一方で化学反応を起こすので効果が持続しにくいため、塗り直しが必要であったり、人によっては肌荒れの招いたりするリスクもあるというデメリット面も否めません。紫外線吸収剤には色々な物質があります。

主に日焼け止めに使われているのはt-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、オキシゲンゾン3、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどです。

紫外線散乱剤入りの日焼け止めは、肌荒れしにくいので敏感肌の人でも安心して使えます


紫外線吸収剤のほかに、日焼け止めには紫外線散乱剤を含むものもあります。紫外線散乱剤は、肌表面に降り注ぐ紫外線を跳ね返し、肌の中へ浸透させないという作用があります。

ノンケミカルな無機粉末状なので肌に塗ると白く浮いてしまうことや、汗で流れやすいといった面もあります。ただ最近では、粒子を細かくナノ化し、肌になじみやすくなっている日焼け止めもあります。

そして紫外線散乱剤は一方で、肌に刺激を与えず優しので肌荒れしにくいのが特徴でもあります。主に酸化チタンや酸化亜鉛などが成分となっています。

こうしてみると、紫外線カットの効果や持続に関して紫外線吸収材の方が優れているとも考えられます。しかし肌への刺激が強いので肌荒れしやすいリスクを考慮すると、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選んだ方がよいと言えるでしょう。

持続性がない場合は、こまめに汗を拭いて塗り直せばよいのでやはり肌に優しいものを選ぶのが得策だと考えられます。

成分や使用感なども選ぶ際のポイントとなります

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶ際は、他の成分にも注目しましょう。とくに敏感肌の人にとって刺激のある成分が含まれていると、いくら紫外線吸収剤不使用のものを選んでも、肌荒れしてしまうリスクがあるからです。

たとえばエタノールやシリコンなどの化学物質や添加物が含まれていない、無着色・無香料で低刺激と記載のものどうかをきちんと確認しましょう。そして肌へのつけ心地もチェックしておきましょう。

肌に実際に着けてみて、馴染みやすいものあまり白浮きしないものを選ぶと毎日心地よく使用できます。またナノ粒子使用のものだと粒子が細かく加工してあり、肌への着け心地もよくなじみやすいのでよいと言えます

ほかにも、せっかく肌に低刺激のものを選ぶので、簡単に落とせるもののほうがクレンジングで肌を傷める心配がありません。石鹸の泡で軽く、ぬるま湯でさっと洗い流せるものが適していると言えます。

ほかにもジェルタイムの日焼け止めが出ており、塗りやすいと評判です。しかし肌を乾燥させるエタノールが多く含まれている可能性があります。

肌がより乾燥しやすくなり、肌荒れを招くことになるのでやめましょう。

(まとめ)紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの方が良いの?

1.肌への影響を考えると紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使ったほうが良いとも言えます

日焼け止めは肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも安心して使える紫外線吸収剤が不使用のものを選んだほうがよいとされています。また肌の刺激となる成分がないか、使用感は心地よいかなども合併せて確認しておきましょう。

2.紫外線吸収剤は、紫外線ブロック力に優れ、肌に馴染みやすい特徴があります

紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線を化学反応により別の物質に変え、吸収する作用があります。化学反応が肌への刺激となり、肌が荒れることもあります。しかし紫外線ブロック効果は高く肌に馴染みやすいのが特徴です。

3.紫外線散乱剤入りの日焼け止めは、肌荒れしにくいので敏感肌の人でも安心して使えます

紫外線散乱剤は紫外線を肌の表面で跳ね返す作用があります。ノンケミカルの白い粉状なので肌に白く浮きやすいとされています。ただ肌には優しく肌荒れの心配もほぼないという点では安心です。

4.成分や使用感なども選ぶ際のポイントとなります

日焼け止めを選ぶときは、肌の刺激となる添加物などの成分がふくまれていないか、使用感なども確認しておくとよいでしょう。また洗顔やぬるま湯などで簡単に落とせるものなら肌への負担も少ないのでよいと言えます。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る