UVケアの基本とは?

UVケアの基本は、肌に合った日焼け止めを選びきちんとつけることです

外線は1年中降り注ぎ、肌細胞のダメ―ジを与え、シミやそばかす、シワなどをもたらします。肌に合った日焼け止めを選び、正しく肌に使用することがUVケアの基本となり、キレイな肌を守るためにも必要です。

日焼け止めはPやSPFなど紫外線をブロックする程度を示した表示があるので、購入の際はしっかりチェックしましょう。

紫外線は2種類あり、1年中降り注いでいるのでUVケアも1年を通して必要です

正しいUVケアを知り、お肌を紫外線から守るにはまず紫外線について知っておく必要があります。紫外線には、長い波長UVAと短い波長のUVBがあります。

シミを作るのはUVBですが、UVAは肌の奥深くにまで浸透し、真皮にまで到達してコラーゲンを壊し、シワやたるみを作り出すと言われています。そちらの光線もできれば肌に当てたくないものです。

そこで必要となってくるのはUVケアです。ただ紫外線は夏の強くなるので、暑い時期だけUVケアしていればよいと思われがちです。

しかし紫外線は1年中空から降り注いでいるので、冬でも夏でも季節に関係なくUVケアを行う必要があるのです。正しいUVケアを行うには、まず肌に合った日焼け止めを選ぶことが大事です。

日焼け止めは色々種類がありますが、UVBの防止効果を示すSPFと、UVAの防止効果を示すPAに注目しましょう。SPFは数字で表され、数が大きいほど紫外線防御効果が高くなります。PA+で表され、+から++++までの段階があって+の数が多いほど効果が高くなります。

日焼け止めは成分や紫外線防止効果の程度をチェックして選ぶことが大事です


日焼け止めは、普段使いであれば大体SPF20から30、PA++か+++のもので十分UVケアできるとされています。屋外に出る時間が長い、リゾート地などでは紫外線を浴びやすいので、もう少し強めのSPF20、PA+++のものを付けるとより効果的だとされています。

また日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が含まれています。紫外線吸収剤は、肌の表面で紫外線と化学反応を起こし、肌に紫外線を通さず、別の物質へと変化させるという作用があります。

紫外線散乱剤は、肌の表面で紫外線をブロックして跳ね返します。紫外線吸収剤は透明で肌になじみやすいのですが、化学反応を起こす際に肌に刺激が加わるので、ヒリヒリしたり赤く炎症を起こしたりこともあります。

一方で、紫外線散乱剤はノンケミカルの白い粉末状なので、肌にのせると浮きやすく汗で流れやすいとされています。しかし肌に優しいので敏感肌の人でも安心して使えます。

やはり肌に優しいかどうかを優先させた方がよいと考えられているので、紫外線吸収剤不使用のものを選びましょう。汗が流れてしまったら、また塗り直せば効果が持続できます。

粒子を細かくしたノンナノタイプのものも出ており、白浮きしにくいので大分使いやすくなっています。

UVケアは朝一から行い、こまめに塗り直すことが大事です

日焼け止め以外にも、ファンデーションやパウダーなどアイテムごとUVカットのものを選ぶのも効果的です、紫外線カット効果は足し算されませんが、効果は多少は高くなるからです。

またUVAは室内に居てもガラスを通過するので、朝起きて洗顔が済んだらUVアイテムをすぐに塗ることが大事です。室内に居るから大丈夫だと油断すれば、知らないうちに日焼けしている可能性もあるからです。

また顔の中でも鼻の頭や頬骨、こめかみなどは高く、紫外線に当たりやすいので念入りにUVケアしておきましょう。顎の下や首周りなども塗り忘れがあるので、鏡でチェックしながら肌が露出してる部分にはきちんと塗っておくことが大事です。

さらに日焼け止めは汗で流れたらすぐにこまめに塗り直すのも忘れないで下さい。そして1日の終わりにUVアイテムを丁寧に洗顔で洗い流し、お肌をリセットさせましょう。

日焼け止めが肌に残っていると毛穴を塞ぎ、肌荒れの原因にもなるので気を付けて下さい。

(まとめ)UVケアの基本とは?

1.UVケアの基本は、肌に合った日焼け止めを選びきちんとつけることです

紫外線は季節に関係なく降り注ぐので、年中UVケアを続けることが大事です。まずは肌に合った日焼け止めを選んで、朝洗顔後からしっかり肌につけ、こまめに塗り直すことが大事です。

2.紫外線は2種類あり、1年中降り注いでいるのでUVケアも1年を通して必要です

紫外線には長い波長UVAと短い波長のUVBの2つがあります。1年中紫外線は降り注いでいるので、UVケアが必要となります。UVケアに欠かせない日焼け止めは、ブロック効果がそれぞれPAとSPFで表示されているので、選ぶ際にチェックしましょう。

3.日焼け止めは成分や紫外線防止効果の程度をチェックして選ぶことが大事です

日焼け止めはPAやSPFの値に注意し、TPOに応じて数値の強いもの弱いものを使い分けると効果的なUVケアになります。また紫外線吸収剤は紫外線カット効果が高いですが、肌に刺激となるので不使用のものを使うのがよいとされています。

4.UVケアは朝一から行い、こまめに塗り直すことが大事です

紫外線は室内にいてもガラスを通して肌に当たるので、朝洗顔後にすぐ日焼け止めをきちんと塗りましょう。さらに日焼け止めが汗が流れやすいのでこまめに塗り直し、夜は洗顔してしっかり落としておくことが大事です。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る