スキンケアで肌のアレルギーは起こりにくくなるの?

スキンケアで肌のバリア機能を高めると肌アレルギー症状はある程度抑えられると考えられています


肌のアレルギー反応は、肌のバリア機能が低下した状態で肌に異物が触れることで誘発されると言われています。つまり、免疫細胞の異物排除活動が盛んに行われ、痒みや湿疹などの症状が出ると考えられています。

しかし、肌のバリア機能が正常であれば、そもそも異物が肌の奥にまで入り込まないので、アレルギー症状も起こりにくくなると言えるでしょう。アレルギー反応を抑えるには、肌のバリア機能を高めるスキンケアが必要となります。

十分な保湿や紫外線対策などをしっかり行うことが大事です。

皮膚のアレルギーはバリア機能の低下により、症状が出やすくなると考えられています

アトピー性皮膚炎や花粉による肌の炎症は、アレルギー反応による皮膚疾患だと言われています。肌が埃や花粉、汗や食べ物などに触れると肌の免疫担当細胞が反応します。

異物の侵入を防ぐために炎症を起こして、異物と戦って排除しよう試みるのです。その際に、異物のみを排除することができず、異物を侵入させてしまった肌細胞ごと壊してしまいます。それが湿疹などとして肌に現れます。

また肌に痒みが生じるのは、かくことで異物を剥がして除去させようとする免疫作用だとも考えられています。こういった痒みや湿疹がいわゆるアレルギー反応の症状です。

そもそも肌の炎症は、肌を守るバリア機能が低下してしまったがために、異物の侵入を許したことで起こってしまいました。元から肌のバリア機能が低下していなければ、異物が肌の奥にまで入り込む余地はなく、アレルギー反応も起こりにくくなるというわけです。

肌のバリア機能は、乾燥などにより肌の表面の角質層に隙間ができることで弱まります。つまり肌のアレルギーを軽減させるには、肌のバリア機能を高めるスキンケアが効果的だと考えられるます。

肌のバリア機能を高めるには、保湿ケアをしっかり行いましょう


肌のバリア機能を高め、肌のアレルギーによる炎症を軽減させるには、まず肌をしっかり保湿するスキンケアが大事です。バリア機能が低下した肌は、外気の乾燥より肌表面の角質層が乱れます。

更に、角質細胞間を埋める細胞間脂質が減ってスカスカの状態になり、角質層を覆う皮膚膜が脆くなってしまいます。スカスカの角質細胞間をしっかり水分で満たし、水分が蒸発しないように油分できちんと蓋をしておくという保湿ケアが理想的だと言えるでしょう。

特に、洗顔後は肌の表面から刻一刻と水分が蒸発し、すぐにかさついてしまうものです。洗顔後はすぐにヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水をたっぷり肌になじませて奥まで浸透させます。

そして、乳液やクリームで水分を閉じこめます。乾燥がひどく、洗顔時に刺激を受けて痒みが出るようなら、化粧水前にパックを行うのも効果的です。秋から春にかけては特に、空気が乾燥しやすく保湿ケアを怠るとすぐにバリア機能が低下してしまいます。

日中も化粧水ミストなどを携帯し、肌がかさつく前に潤すことや、室内には加湿器を置いて湿度を一定に保ちましょう。

洗顔や紫外線対策も肌のバリア機能を守るのに大事です

紫外線も肌細胞を破壊し、日焼けを起こして肌を乾燥させ、肌のバリア機能の低下を招く要因の一つだとされています。紫外線は1年中降り注いでいるので、冬であってもUV仕様のファンデーションを使ったり、日焼け止めをこまめに塗ったりすることで、UVケアを怠らないようにしましょう。

毎日の洗顔にも、肌のバリア機能を低下させる要素が隠れていることがあるため、まずは洗顔方法を見直してみましょう。肌をごしごしこする洗い方は、肌の角質層を傷つけるのでNGです。

また、1日に何度も洗顔を行ったり、熱いお湯で顔を洗ったりするのも実はよくありません。洗いすぎにより肌の水分を保つための必要な皮脂まで洗い流され、乾燥しやすくなるからです。

熱いお湯は肌の水分蒸発を加速させ、水で洗うよりも肌が乾くスピードが速くなるからです。洗顔はぬるま湯で行い、肌に優しい洗顔料をしっかり泡立てて、指の腹で泡を転がすように洗って、しっかり洗い流すのが基本です。

泡が残っていると、洗顔料が刺激となって肌荒れを招くので、特に髪の生え際や顎の下などは注意しましょう。

(まとめ)スキンケアで肌のアレルギーは起こりにくくなるの?

1.スキンケアで肌のバリア機能を高めると肌アレルギー症状はある程度抑えられると考えられています

肌のアレルギー反応はバリア機能が整っていれば起こりにくいとされています、肌のバリア機能を高めるためには、保湿や紫外線対策といったスキンケアが重要になってきます。

2.皮膚のアレルギーはバリア機能の低下により、症状が出やすくなると考えられています

肌はバリア機能により、異物の侵入を防いでいますが、バリア機能が低下するとアレルギー物質は肌の中へと入り込んでしまいます。炎症やかゆみ、湿疹などの防御反応が生じ、これがアレルギー反応として肌荒れを招くのです。

3.肌のバリア機能を高めるには、保湿ケアをしっかり行いましょう

肌のバリア機能を高めるスキンケアと言えば、やはり保湿ケアです。肌表面の角質層が水分不足でスカスカになると、バリア機能が弱まりアレルゲンの侵入を許してしまいます。

洗顔後などはしっかり保湿を行いましょう。

4.洗顔や紫外線対策も肌のバリア機能を守るのに大事です

肌のバリア機能の維持するには、紫外線対策として日焼け止めなどを1年通して塗っておくことも大事です。更に、洗顔のやりすぎや擦りすぎ、熱いお湯での洗顔も感想を招き、肌のバリアl機能低下につながるので注意しましょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る