紫外線による肌ダメージはどう回復するの?

紫外線ダメージからの回復は肌のターンオーバーに関係しています


人の肌に影響を与える紫外線にはUVAとUVBの2種類があるといわれています。UVAはダメージは大きくないけれど肌の奥まで届く紫外線で、UVBはダメージが大きくほとんど表皮だけに影響を与える紫外線とされています。

夏場の日差しが強いときに紫外線を浴びると、UVBによる紫外線ダメージの影響を受けて、肌がひどい日焼けをする場合があるかもしれません。対してUVAのダメージは徐々に蓄積されてシミ・シワの原因を作るといわれています。

このダメージは、肌のターンオーバーなどで改善が期待できるといえます。

日焼けをすると回復まで約1ヶ月の期間が必要といわれています

紫外線量は春から少しずつ増加して肌にダメージを与えるようになるといわれています。春や夏になって紫外線対策をしないまま強い日差しを受けると、UVBの影響で血管が拡張して肌が赤くなりヒリヒリするなど、炎症を起こした状態になるとされています。

炎症は数日で治まり、次は紫外線の刺激により生成されたメラニン色素で肌が黒く変化するでしょう。紫外線によりダメージを受けた肌は、肌のうるおいが減少しバリア機能が低下した状態といわれています。

そしてまだ紫外線ダメージが残っている肌は、回復して健康の肌になるまでに約30日かかるでしょう。紫外線を大量に長年浴びていると、皮膚細胞が受けたダメージで皮膚がんが生じることがあるといわれています。

いつの間にか現れたかぶれや炎症が、そのまま何週間経っても治らないという場合には皮膚がんの恐れもあるので注意が必要です。日焼けなどの症状が出ていない場合でも、普段の生活で少しずつUVAによるダメージが回復できない分は肌に蓄積され続けるため、普段から紫外線を浴びすぎないように対策した方がいいでしょう。

肌のダメージはターンオーバーなどにより改善される場合があります


肌は、一番外側の表皮、その内側にある真皮、さらに内側の皮下組織に分かれています。表皮は、肌を紫外線など外部のダメージから守り肌の水分を保持するための働きをしている部とされています。

つまり表皮には、内側にある肌を守るバリア機能を備えているといえるでしょう。そして表皮は角質層から基底層まで4つの層から形成され、基底層で生まれた細胞は徐々に角質層まで押し上げられながら肌を守り、時間とともにはがれ落ちるといわれています。

このような皮膚細胞の入れ替わりが生じるターンオーバーのサイクルは28日程度が正常といわれています。表皮のターンオーバーが正常に行われていると、ダメージを受けた肌が時間とともにはがれ落ちて新しくダメージのない肌に入れ替わることができるでしょう。

内側にある真皮は毛細血管や神経、リンパ管などが通る重要な部分で、コラーゲンやエラスチンなどの肌にハリを与える成分も多く存在しているとされています。UVAは真皮層に届いてコラーゲンなどにダメージを与えるため、強い紫外線を浴びたり長い期間紫外線を浴び続けたりしていると、回復できずにシミやシワなどの原因になることもあるでしょう。

紫外線を浴びてしまったら充分な保湿を行うことが大切です

紫外線を浴びると、紫外線の刺激によるダメージで肌の細胞が傷つき、表皮のバリア機能が低下するといわれています。表皮のバリア機能が低下すると外部からの刺激に弱くなり、同時に肌の水分を保持することが難しくなるといえます。

肌の乾燥が進むと、表皮の基底層で作られた新しい肌細胞のうるおいを保持することができずに乾燥肌がさらに続く、悪循環に陥る場合もあるかもしれません。肌のうるおいを取り戻してバリア機能を改善させるためには、保湿ケアが適しているといえるでしょう。

夏の暑い時期には肌の乾燥に気が付きにくく、保湿ケアに力を入れない方が多いといわれています。ところが、実際には夏の肌はエアコンや紫外線などの影響で乾燥している場合が多いため、普段から保湿ケアを行っていないとどんどんバリア機能が低下して紫外線ダメージによるシミやシワが生じやすくなるでしょう。

紫外線に負けないためのバリア機能を改善するためには化粧水や乳液、美容液などでこまめに肌にうるおいを与えることが必要といえます。日焼け止めなどでしっかりと紫外線対策することも忘れないようにしましょう。

(まとめ)紫外線による肌ダメージはどう回復するの?

1.紫外線ダメージからの回復は肌のターンオーバーに関係しています

主な紫外線にはUVAとUVBの2種類があるとされ、 UVAは小さなダメージが肌の奥まで届く紫外線、UVBは大きなダメージを表皮に与える紫外線といわれています。肌が受けたダメージはターンオーバーにより改善が期待できます。

2.日焼けをすると回復まで約1ヶ月の期間が必要といわれています

紫外線対策を行わずに強い紫外線を受けると、肌が炎症を起こして治るまでに数日かかるとされています。その後メラニンの影響で黒くなった肌は回復まで約一か月必要でしょう。

ただし、ずっと蓄積される紫外線ダメージもあるため、紫外線には注意が必要です。

3.肌のダメージはターンオーバーなどにより改善される場合があります

肌の外側にある表皮は、肌の内側を守りながら約28日の周期で細胞が入れ替わり回復するためのターンオーバーを繰り返しているとされています。ただし、真皮が強いダメージを受けると、シミやシワなどの原因になる場合もあるので注意しましょう。

4.紫外線を浴びてしまったら充分な保湿を行うことが大切です

紫外線を浴びると、そのダメージで肌の細胞が傷つき表皮のバリア機能が低下するといわれています。また、表皮が傷つくと、肌の水分が蒸発して、肌が乾燥しやすくなります。

肌を乾燥や紫外線から守るには保湿ケアが大切といいえるでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る