紫外線によりどのような肌荒れ症状が出るの?

紫外線により赤みやかゆみ・かさつきなどの肌荒れ症状が出るとされています


紫外線の中でも短い波長のUV-B波は、表皮の肌細胞にダメージを与えて炎症を起こし、赤みや痛みをもたらします。さらにバリア機能を低下させるのでかゆみやかさつきなどの肌荒れ症状を招きます。

またメラニン色素が生成され、シミやくすみができることもあります。長い波長のA波は、奥の真皮まで届き、活性酸素を発生させてコラーゲンを損壊するので、シワやたるみを誘発します。

紫外線が当たると肌は日焼けし炎症やかさつきなどの肌荒れを招きます

肌は紫外線を浴びると、さまざまな肌トラブルを招きます。紫外線のうち、波長の短いB波は、肌の一番外側の表皮に届きます。

すると熱で肌細胞を破壊するサンバーンを起こし、炎症により赤みが出ます。そして表皮の一番奥の基底層は、肌のバリア機能を果たす役割を担っています。

角層の細胞内には保水力がある天然保湿因子と、細胞間の隙間を埋める細胞間脂質、肌表面の細胞を覆う皮脂膜があります。この3つの要素が外からの刺激やウイルスなどが肌へ侵入しないように守っています。

しかし紫外線により肌細胞が破壊されると、このバリア機能が弱まります。皮脂膜が破られ、細胞がむき出しの状態になり、天然保湿因子や細胞間脂質が減り、細胞内や細胞間がスカスカの状態になります。

こうして3つの要素が機能しなくなると肌が外からの刺激をもろに受け、水分が蒸発してかさつきがひどくなり肌荒れを起こします。乾燥の刺激で痒みが生じて、肌を擦ることで表皮が破れるなど傷がつきます。

それによって痛みを感じる、傷が膿むなどの肌荒れ症状が現れます。

シミやくすみ・シワやたるみなどの肌トラブルが誘発されます


また表皮の奥にはメラノサイトといって、紫外線を表皮の奥の真皮にまで通さないように防御する色素細胞があります。メラノサイトは、紫外線による刺激を受けるとメラニン色素を生成します。

肌は新しい細胞を作り、古い角質は剥がれることで生まれ変わるという新陳代謝、ターンオーバーを繰りしています。しかしバリア機能が低下することでターンオーバーの周期が崩れてしまいます。

そうなると、溜まったメラニン色素が排出されなくなります。結果的に色素沈着を起こし、くすみやシミなどの肌荒れ状態を招くことになります。

そして紫外線のA波はB波よりも波長が長く、肌の奥の真皮にまで届きます。そこで酸素を変化させて活性酸素を大量に発生させます。

真皮の半分以上はコラーゲンで形成されており、肌の弾力を維持しています。活性酸素によりコラーゲンや肌細胞が攻撃を受け、固く変質してしまいます。

潤いや弾力を失い、固くよじれたような恰好で肌表面に露出していきます。これがシワやたるみの原因となるのです。

紫外線による肌荒れ対策としては冷やすことや保湿などが効果的です

紫外線を浴びて赤く炎症を起こしている肌は、いわば火傷状態にあります。そのためまずは濡らしたタオルに保冷剤を巻くなどして冷やしてあげることが大事です。

少しクールダウンしたら、ぬるま湯で擦らないように洗顔して汚れを落としましょう。肌にしみる感じや痛みがなければ、クレンジング剤で日焼け止めやメイクなどをすっきり落とします。

バリア機能が低下しているので、洗顔後は水分が蒸発しやすい状態です。時間を置かずにすぐ、保湿効果が高く刺激の少ない化粧水をたっぷりつけて潤いを補給しましょう。

紫外線により、かなり水分が不足しているのでいつもより多くつけるくらいで問題ありません。化粧水がなじんだら、今度は水分が蒸発しないように乳液や保湿クリームなど油分を含むアイテムをつけ、水分の蒸発を防ぐようにフタをします。

肌がひりひりする場合は、ワセリンや軟膏などを使いましょう。炎症が引かないうちは、メイクを控えるなど肌に刺激を加えないように気を付けましょう。

炎症が収まって肌が元の状態に戻ったら、シミができないように美白成分を含んだスキンケアもプラスしていきましょう。

(まとめ)紫外線によりどのような肌荒れ症状が出るの?

1.紫外線により赤みやかゆみ・かさつきなどの肌荒れ症状が出るとされています

紫外線は波長の短いB波と長いA波があり、B波は肌の表皮に、A波はその奥の真皮にまで届き、肌細胞やコラーゲンを壊します。結果として赤みやかさつき、シワやシミなどの肌荒れ、肌トラブル症状を招くのです。

2.紫外線が当たると肌は日焼けし炎症やかさつきなどの肌荒れを招きます

紫外線のうち波長が短いB波は、肌の表皮の細胞を破壊して炎症を起こします。さらに肌のバリア機能を低下させるので、かさつきや刺激による湿疹などの肌荒れを起こし、かゆみや痛みなどの症状が出ることがあります。

3.シミやくすみ・シワやたるみなどの肌トラブルが誘発されます

紫外線をブロックするために表皮のメラノサイトがシミの元となるメラニン色素を生成することで、将来的にシミやくすみを招く場合があります。さらに波長が長いA波が真皮にまで届くと、コラーゲンが破壊されて変質し、シワやたるみの原因となります。

4.紫外線による肌荒れ対策としては冷やすことや保湿などが効果的です

紫外線による肌の炎症部位は、まず濡れたタオルなどで冷やすことが大事です。そして洗顔で毛穴の汚れやメイクを洗い流してから、すぐに化粧水で保湿します。

ひりひり感が収まったら、シミを防ぐために美白成分入りの化粧水などでケアするとよいでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る