紫外線を浴びる時間によって肌への影響は変わるの?

紫外線を長い時間浴びると肌への影響が大きくなるといえます


紫外線による肌への影響にはさまざまなものがあるといわれています。急に強い日差しを浴びた場合には、日焼けによって肌が赤くなりヒリヒリするサンバーンや、メラニン色素の沈着により肌が黒くなるサンタンなどの症状が出るとされています。

このような急性の症状は、数時間紫外線を浴びただけでも生じるといえるでしょう。紫外線を浴びる時間が長くなると、紫外線によるダメージが徐々に蓄積されていくとされます。

そのため、紫外線を長時間浴びると生じる症状もあるので注意が必要です。

長年紫外線を浴び続けるとシミやそばかすなどの原因になるとされています

肌に影響を及ぼす紫外線には、UVAとUVBの2種類があるとされています。これらの紫外線はそれぞれ特徴が異なり、肌に当たったときの影響にも違いがあります。

波長が長く、遠くまで届くという特徴がある紫外線がUVAで、UVBは波長が短いため到達距離が短いけれどエネルギーが強く肌がダメージを受けやすい紫外線といえるでしょう。UVBは冬には線量がかなり少なくなることもあり、主に夏の日焼けに関係している紫外線といえます。

UVAはUVBほど強力な紫外線ではありませんが、皮膚の真皮まで届いて肌にダメージを与える恐れがあるとされています。UVAによる肌のダメージは時間とともに蓄積されていき、シミやシワなど光老化の原因になるでしょう。

肌は一番外側に表皮、次が真皮、内側には皮下組織があり、外部から身体を守るバリアの働きをしているとされます。表皮には肌の水分を保持し外部刺激から内部を守るという役割があり、真皮には毛細血管や汗腺、神経、またコラーゲンやエラスチンなどを生成する線維芽細胞など重要な組織が存在しているとされています。

肌ダメージを防ぐためには、UVAを長時間浴びないように気を付ける必要があるでしょう。

冬にも紫外線対策は必要とされています


紫外線量は4月から9月頃に増加するとされています。とくにUVBは夏には紫外線量が増加して、冬には夏の1/5程度に紫外線量が減少するといわれているので、冬場に極端な日焼けをすることはないでしょう。

ただし、UVBとは異なり、UVAは一年中地表に降り注ぐといわれています。UVAは真皮まで届いて肌の内部にダメージを与えるため、紫外線対策は常に行う必要があるでしょう。

1日の紫外線量は午前中から徐々に増加して、お昼頃がピークになるとされています。その後太陽が沈むまで徐々に紫外線量は減少していきますが、お昼以外にも朝や夕方の外出時には、紫外線をしっかりと予防した方がいいでしょう。

もしも外で日に当たらなくても、UVAは窓ガラスを透過して家の中や車の中まで差し込んでいるといわれます。紫外線対策をせず日の当たる場所に無防備に座っていると、日差しが当たっている部分は常に紫外線にさらされている状態になるといえるでしょう。

窓を通して当たった紫外線により肌ダメージが進むと、その部分だけシミやシワなどの肌トラブルが生じる場合もあります。また、ひどい場合には皮膚がんになることもあるので注意が必要です。

普段から紫外線対策を行うことが大切です

気が付かないうちに肌がダメージを受けてしまう紫外線を浴びないようにするためには、普段から予防することが大切です。 紫外線を予防するには日焼け止めの使用が適しているといえます。

日焼け止めには紫外線防止効果がわかるようにSPFやPAが表示されているので、目的に合う効果が期待できる種類を選ぶといいでしょう。SPFはUVBの防止効果を数値で表していて、PAはUVAの防止効果を+で表しています。

この数値が多い方、+の数が多い日焼け止めの方が紫外線防止効果が高い日焼け止めとされています。ただし、紫外線防止効果が高いものには、肌が乾燥しやすくなるものもあるかもしれません。

普段から使用する日焼け止めには、肌に刺激の少ないSPF15でPA+程度のものや、保湿効果の高い日焼け止めを選ぶといいでしょう。日焼け止めは汗をかいたり擦れたりすると落ちてしまうので、 こまめに塗り直す必要があります。

また日差しが強い中を外出するときには、帽子や日傘、長そでの服など、紫外線を避ける準備をして出かけるようにしましょう。

(まとめ)紫外線を浴びる時間によって肌への影響は変わるの?

1.紫外線を長い時間浴びると肌への影響が大きくなるといえます

強い紫外線は肌が炎症を起こすサンバーンや色素が沈着するサンタンなどの原因になるとされています。また紫外線に当たる時間が長くなるほど、肌への紫外線ダメージが蓄積されていくので注意が必要です。

2.長年紫外線を浴び続けるとシミやそばかすなどの原因になるとされています

肌に影響を及ぼす紫外線にはUVAとUVBがあるとされています。UVAは皮膚の真皮に届き少しずつ肌にダメージを与えていくため、長い期間浴び続けると肌組織にダメージが蓄積されシミやシワができやすくなるといえます。

3.冬にも紫外線対策は必要とされています

紫外線量は4月から9月頃にとくに増加しますが、UVAは冬にも地表に届く紫外線量が多いため注意が必要です。UVAによって家の中や車の中でも肌がダメージを受ける場合があるため、真夏に外に出るとき以外にも紫外線対策を行うことが大切です。

4.普段から紫外線対策を行うことが大切です

いつの間にか受けてしまう肌ダメージを避けるためには、普段から日焼け止めなどを使用して紫外線対策を行うことが重要です。紫外線防止効果の高い日焼け止めは肌が乾燥する場合もあるため、保湿効果の高いものを選ぶといいでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る