紫外線が原因で肌がかぶれることがある?

紫外線が原因で肌がかぶれることもあるとされています


かぶれとは、紫外線や医薬品、アレルゲンなど外部からの刺激によって皮膚が炎症をおこした状態のことです。かぶれは正式には接触性皮膚炎と呼ばれ、 原因となる物質に触れた部分が赤くなったり発疹が出たりするとされています。

また患部に水泡が出る、かゆみが生じるなどの症状が出ることもあるでしょう。紫外線が原因のかぶれには、普段の生活では肌に異常がなくても単純に紫外線に当たると肌がかぶれる、病気や薬などが関係して紫外線に当たったときに肌がかぶれるなどの場合があるとされています。

日常生活で浴びる程度の紫外線が原因で肌がかぶれる場合もあります

接触性皮膚炎には、主に刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触性皮膚炎があるとされています。刺激性接触性皮膚炎では皮膚に強い刺激を与える物質に接触したことが原因で、接触した部分にのみかぶれが生じます。

対してアレルギー性接触性皮膚炎はアレルゲンが原因で生じるかぶれなので、人によって原因は異なるといえるでしょう。アレルギー性接触性皮膚炎は、皮膚に化粧品や紫外線など同じ刺激が何度も与えられることでその刺激物質が体内で異物と認識されて生じるといわれています。

紫外線がアレルゲンになってかぶれが生じる場合と、皮膚に貼った湿布などの物質の成分が紫外線を浴びてかぶれる場合などがあるとされています。アレルギーが原因の場合には強い刺激ではなくてもアレルゲンに触れたあとのかぶれが徐々に広がっていき、実際に触れていない場所もかぶれるため充分に注意が必要といえるでしょう。

とくに春には紫外線や花粉などの刺激で皮膚の状態が悪くなるため、アレルギー性接触性皮膚炎は春先にかかりやすいといわれています。

肌のバリア機能が弱まると肌トラブルが生じやすくなります


肌には「表皮」「真皮」が存在し、その内側に皮下組織があるといわれています。そして肌の外側にある表皮には外側から「角質層」「顆粒層(かりゅうそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「基底層」の層があるとされています。

表皮には細胞を外部の刺激から守るためのバリア機能があるため、表皮が弱ってそのバリア機能が低下するとさまざまな肌トラブルが生じるでしょう。表皮細胞は内側の基底層で生まれ、新しい細胞に押されて徐々に外側に移動していくといわれています。

肌の一番外側は角質層という核を失った細胞の層になり、やがて垢となって少しずつはがれ落ちるとされています。表皮細胞が生まれてからはがれ落ちるまでの期間はターンオーバーといわれ、28日間以上が正常な周期といえるでしょう。

角質層は、水分を逃さず外部の刺激を中に通さない重要な役割を果たしているといえます。ところが紫外線や花粉、化粧品などの強い外部刺激に触れると、角質層が必要以上にはがれてしまうでしょう。

ターンオーバーの周期が短くなりすぎると、肌の潤いを保つ成分が十分に作られずにバリア機能の低い不安定な肌になる恐れもあります。

かぶれを防ぐには予防と肌のバリア機能の維持が大切といえます

紫外線を浴びると肌がかぶれるという場合には、紫外線を避けることで肌をかぶれから守ることができるでしょう。 刺激性接触性皮膚炎の場合には、強すぎる日差しを浴びないように気をつけることがかぶれの予防につながるといえます。

アレルギー性接触性皮膚炎の場合はアレルギーの程度に個人差があるため、少しの紫外線でも肌にかぶれが生じるという方は紫外線に当たらないよ充分に注意をする必要があるでしょう。またかぶれる心配を減らすために、肌のバリア機能を高めることも大切です。

日に当たっただけではかぶれることがなくても、湿布などの薬を使用したあとで紫外線に当たったときなどに肌がかぶれるケースにも注意しましょう。使用中に紫外線を避けなければならない湿布薬の場合、湿布薬をはがしたあとでもしばらくは薬の成分が肌に残っている恐れがあります。

そのため湿布を使用したあとは、数日間程紫外線に注意する必要があります。紫外線を浴びないために日焼け止めを使用して、肌のバリア機能を崩さないために保湿ケアをしっかり行うことが紫外線によるかぶれを防ぐことにつながるでしょう。

(まとめ)紫外線が原因で肌がかぶれることがある?

1.紫外線が原因で肌がかぶれることもあるとされています

かぶれは接触性皮膚炎と呼ばれ、紫外線や医薬品など外部の刺激が原因で皮膚が炎症を起こした状態とされています。原因となる物質に触れると赤くなり発疹が出るなどの皮膚症状が現れる場合があります。

2.日常生活で浴びる程度の紫外線が原因で肌がかぶれる場合もあります

接触性皮膚炎には主に刺激性接触性皮膚炎とアレルギー性接触性皮膚炎があるとされています。 アレルギー性接触性皮膚炎には個人差があり、紫外線がアレルゲンになる場合と、皮膚についた医薬品が紫外線を浴びてかぶれの原因になる場合があるといえます。

3.肌のバリア機能が弱まると肌トラブルが生じやすくなります

肌の外側には表皮が存在し、表皮には細胞を外部の刺激から守るためのバリア機能があるといわれています。表皮細胞が入れ替わる周期はターンオーバーといい、紫外線などの強い刺激によってターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下するとされています。

4.かぶれを防ぐには予防と肌のバリア機能の維持が大切といえます

紫外線を浴びて肌がかぶれるときには、日焼け止めを使用して肌が紫外線に当たらないようにすることや、肌の保湿を行ってバリア機能を高めるなどのケアを行うとかぶれの予防につながります。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る