紫外線は肌の炎症の原因になる?

強い紫外線は肌が炎症を起こす原因になります


紫外線は、5月から9月の期間が強くなる時期といわれています。とくにこの期間に対策を何もしないで強い紫外線を浴びてしまうと、紫外線を浴びた数時間後には肌が赤くなり、ひりひりする炎症を起こした日焼けの状態になる場合があります。

ただの日焼けと考えがちですが、日に当たりすぎると炎症が起きることやむくみや水ぶくれなどの症状が出ることもあるでしょう。また紫外線による皮膚の炎症はサンバーンといわれ、紫外線による急性傷害のうちのひとつとされています。

炎症はUV-Bが原因で生じるとされています

紫外線には、UV-A・UV-B・UV-Cの3つの種類があるといわれています。このうちUV-Cは一番波長が短い紫外線とされ、続いてUV-B、UV-Aの順に波長が長いとされています。

波長が短い紫外線になるほど、人の肌へ大きな影響を与える場合が多いといえるでしょう。紫外線の中でもUV-Cはオゾン層で消えるため地上に届かず、肌への影響はないとされています。

ただしUV-AとUV-Bは地上にいる人の肌にそれぞれ異なる影響を与えるため、紫外線には十分注意する必要があるでしょう。肌は表面が表皮、その内側が真皮、肌のもっとも内側には皮下組織という構造になっています。

波長が長いUV-Aはコラーゲンやエラスチンなど肌のハリを保つ成分が存在する真皮まで届き、少しずつ細胞を傷つけていくといわれています。UV-Bは波長が短いので、真皮までは届かず表皮のみにダメージを与える紫外線といえるでしょう。

肌の表皮に炎症などの症状を起こす紫外線はUV-Bとされています。逆にUV-Aは、肌が赤くなるサンバーンのあとに、肌が黒くなるサンタンなどの原因になるとされています。

紫外線による炎症は通常は数日で治るとされています


強い紫外線を浴びてからは数時間で肌に炎症が起き、8時間から24時間でその炎症の腫れや痛みのピークが訪れるとされています。この炎症は2、3日程度で消えるといわれていますが、炎症がひどい場合には水ぶくれができ、皮が剥けるなどの症状にも悩まされるでしょう。

炎症が治まったあとには、紫外線の刺激によって作られたメラニン色素が沈着して肌が黒くなるサンタンが生じるとされています。そのサンタンの症状が続く期間は、数週間から数か月程度といわれます。

真夏の日差しに当たりすぎた場合などには肌の炎症がひどくなる場合があるので、炎症を抑えるためによく冷やすといいでしょう。また紫外線で肌に炎症が起きると、それがきっかけとなり他の症状が現れることもあるとされています。

内服薬や外用薬などが原因で肌が腫れる場合や、それほど強い日差しに当たっていなくても湿疹や蕁麻疹が出る場合もあるかもしれません。通常の日光にも弱い場合は「紫外線アレルギー」と呼ばれ、さらに紫外線に対して注意が必要な状態といえます。

紫外線に不用意に当たらないことが予防につながります

UV-Bは4月から9月の間にとくに紫外線量が多くなるといわれています。さらに長年UV-Bを浴び続けているとシミやがんの原因になるといわれているため、できるだけUV-Bを浴びないことが重要といえます。

夏場に長い時間外に出る予定があり、強い日差しを浴びる心配があるときには日焼けしないように気をつけてから外出するようにしましょう。日焼けの予防には、つばの広い帽子をかぶったり日傘やサングラスを使用したりすることがいいとされています。

また肌が露出している部分には日焼け止めを塗るといいでしょう。日焼け止めには、SPF(sun protection factor)値とPA分類(protection grade of UVA)が表示されています。

PA分類とはUV-A防止効果の表示で、+が多いほどUV-A防止効果が上がるとされています。UV-B防止効果はSPF値で表示されているので、日焼けによる炎症を抑えたいときには、SPF値の高い日焼け止めが適しているでしょう。

また紫外線に当たると肌のバリア機能が低下するため、肌の水分が減少して乾燥しやすくなります。日焼けした後には肌の保湿も忘れずに行いましょう。

(まとめ)紫外線は肌の炎症の原因になる?

1.強い紫外線は肌が炎症を起こす原因になります

紫外線による肌の炎症はサンバーンといわれ、紫外線による急性障害のひとつとされています。5月から9月の期間には紫外線が強くなるため、紫外線対策をしないでいると肌が赤くひりひりするサンバーンになることがあります。

2.炎症はUV-Bが原因で生じるとされています

紫外線には、UV-A・UV-B・UV-Cの3つの種類があり、UV-AとUV-Bが地上まで届いて人の肌にさまざまな影響を与えるといわれています。肌の炎症の原因になるのはUV-Bといわれ、肌の表面の表皮組織にダメージを与えるとされています。

3.紫外線による炎症は通常は数日で治るとされています

強い紫外線が原因の炎症は2、3日程度で治るとされています。炎症のあとにはメラニン色素が沈着して肌が黒くなる状態が数週間から数か月程度続くでしょう。

また紫外線アレルギーや薬によって通常の紫外線でも炎症が生じる場合があります。

4.紫外線に不用意に当たらないことが予防につながります

肌の炎症の原因となるUV-Bは、長年浴び続けているとシミやがんの原因になるといわれています。紫外線による炎症を避けるためには、帽子や日傘、UB-V予防効果の高い日焼け止めなどを使用するといいでしょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る