紫外線が肌から潤いを奪うのはなぜ?

紫外線によりバリア機能が低下することで肌から潤いが奪われます


紫外線を頻繁に肌に浴びると、本来は剥がれ落ちるはずの古い角質が肌を守るために溜まっていきます。さらに表皮の角層は本来外部刺激から肌を守るバリア機能がありますが、紫外線によって機能が低下し、水分蒸発が激しくなります。

スカスカの水分不足の状態で紫外線を浴びると、ますます乾燥が進みます。肌の潤いを取り戻すためには、古い角質を除去する洗顔と、かさついた肌を保湿するケアがポイントです。

また質のよい睡眠や適度な運動、食生活の改善も肌細胞の活性化や肌のターンオーバーの正常化によい効果をもたらすとされています。

紫外線からの防御反応として毛穴に角質が溜まることで肌の潤いが減っていきます

紫外線は、かさつき・シワ・シミなどの肌トラブルを招く原因と言われています。長時間に亘って繰り返し紫外線を浴びると、微量であっても肌への影響は計り知れません。

紫外線のうち、波長が短いB波は肌表面の表皮にのみ届き、その奥の真皮にまでは入り込めしません。しかし表皮では紫外線を奥へと通さないための防御反応が起こります。

本来であれば下から新しい肌細胞が生まれ、押されて剥がれ落ちるはずの表面の古い角質が剥がれずに残り、角質が分厚くなり毛穴を塞ぎます。そうなると保湿しても肌への潤いが届きにくい状態になります。

また表皮の角層には、肌を外部の刺激から守るためのバリア機能が存在しています。肌細胞内に含まれ、保水力を持つ天然保湿因子、細胞間の満たす細胞間脂質、そして表面の細胞を覆う皮脂膜でバリア機能は構成されています。

しかし紫外線によりバリア機能が破壊されると、どんどん水分が蒸発していってしまいます。そうなると肌へ紫外線が入り込みやすくなり、さらに潤いが奪われて乾燥が進んでしまいます。

紫外線による肌の潤い不足解消には洗顔と保湿ケアがポイントです


紫外線によりバリア機能が低下し、潤いを奪われた肌は非常に刺激に弱く、放置するとかゆみや湿疹などの肌トラブルを誘発します。そうならないためには、早めに潤いを取りもどす肌ケアを行う必要があります。

毛穴には肌を紫外線から防御するために古くなった角質が溜まり、分厚くなって塞がっています。またバリア機能が低下することで肌の乾燥が加速しています。

角質を取り除き、バリア機能を向上させるには毎日の洗顔と保湿がポイントです。ぬるま湯ですすぎ洗いし、低刺激の洗顔料をしっかり泡立てて泡を顔ののせ、指の腹でこすらないよう、なでる感覚でゆっくり円を描くように洗います。

泡が残らないようにしっかりすすぎ、タオルで押さえるように水分を拭きます。そうしたらすぐに、化粧水をたっぷり手にとり、顔全体に付けていきます。

小鼻や額、口の周りなどはかさつきやすいので念入りに行います。あとは乳液などで油分を補給しておきます。

時々は化粧水パックをしてあげましょう。また毛穴の詰まりがひどい場合は、通常の洗顔だけでは不十分なのでスクラブ洗顔なども取り入れていきましょう。

日頃の生活スタイルや食生活なども見直し改善しましょう

古い角質が毛穴を塞ぐほど溜まってしまうのは、肌のターンオーバーがスムーズに行われていないサインでもあります。肌は下に新しい細胞が生まれ徐々に表面へと移動し、大体28日周期で古い角質が剥がれて生まれ変わります。

ターンオーバーが乱れると、角質が剥がれにくくなります。肌のターンオーバーを整えるのに、睡眠は欠かせません。

睡眠中は肌細胞を作り出す成長ホルモンの分泌が盛んに行われます。深い睡眠と浅い睡眠が周期的に表れる質のよい睡眠が得られるように生活スタイルを見直しましょう。

また適度な運動も血流を促して、肌細胞の活性化につながる栄養や酸素をしっかり供給してくれます。軽めのウォーキングやヨガなどから始めてみましょう。

そして食生活の改善も必要です。暴飲暴食を控え、肌によいとされる栄養素を含んだ食品を取り入れることが大事です。

肌を保護してターンオーバーを促すのに役立つビタミンB群を含んだレバーやかつお、マグロやアーモンド、そして粘膜を保護する働きのあるビタミンAを含むニンジンやホウレン草などがよいでしょう。

(まとめ)紫外線が肌から潤いを奪うのはなぜ?

1.紫外線によりバリア機能が低下することで肌から潤いが奪われます

肌は紫外線から細胞を守るために、古い角質を積み重ねるので毛穴が詰まります。さらに紫外線によりバリア機能が低下するため、肌から潤いが失われます。

対策としては、丁寧な洗顔と十分な保湿ケアがポイントです。

2.紫外線からの防御反応として毛穴に角質が溜まりバリア機能も低下することで肌の潤いが減っていきます

紫外線を受け続けると、紫外線から肌を守るために古い角質が剥がれ落ちないで溜まり、毛穴を塞ぎます。さらに皮膚のバリア機能が低下して外部からの刺激が真皮にダイレクトに伝わり、一層乾燥状態がひどくなるとされています。

3.紫外線による肌の潤い不足解消には洗顔と保湿ケアがポイントです

紫外線により肌のバリア機能が低下した結果として奪われた潤いを取り戻すには、洗顔と保湿が大事です。毛穴の汚れや古い角質を落とし、しっかり水分や油分を補給することで、潤いで満たされ健康的な肌に蘇ります。

4.日頃の生活スタイルや食生活なども見直し改善しましょう

肌のターンオーバーを整えるには、質のよい睡眠をしっかりとり、適度な運動を習慣化させることが大事です。また体の内側から肌細胞を活性化するには、肌によいビタミンAなどの栄養分を含む食品を食事に取り入れましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る