花粉が原因で肌に湿疹ができる?

花粉皮膚炎などで肌に湿疹が生じる場合があります


アレルギーのため、花粉による刺激が原因で肌に湿疹ができる場合があるといわれています。花粉が飛散している時期に、花粉症が原因で鼻や目の症状と一緒に肌荒れが生じている方や、鼻や目には何の症状も出ておらず肌に湿疹や腫れなどが生じている方もいるでしょう。

このように花粉によって肌が炎症を起こすことは「花粉皮膚炎」と呼ばれています。

花粉症の時期だけ肌に湿疹などが生じるとされています

花粉皮膚炎は、肌に症状が現れる花粉症の状態といえます。 花粉が原因で肌が荒れるため、症状が出るのは主にスギ花粉の飛ぶ2月から4月とされています。

花粉皮膚炎の原因で一番多いといわれているのはスギ花粉ですが、スギ以外の花粉が原因の場合には、カモガヤの花粉は夏に、ブタクサやヨモギの花粉は秋に、それぞれ花粉皮膚炎になる時期が異なる場合や、複数の植物が原因で長い期間花粉皮膚炎に苦しむ場合もあるかもしれません。

花粉皮膚炎は花粉に接触した部分の肌に症状が現れるので、顔や首の露出している部分の肌にかゆみが生じたり、湿疹が出たりするといわれています。主な症状は、赤み・かゆみ・湿疹・発疹などが多く、とくに症状が出やすい場所は、上まぶた・頬・あご・首とされています。

症状の出方には個人差がありますが、毎年同じ時期に上記のように突然肌がかゆくなる、湿疹がでたり肌が荒れたりするという場合には、一時的な肌荒れや化粧品などによるかぶれなどではないといえるでしょう。症状の出方から、湿疹の原因が花粉皮膚炎を推測することができます。

さまざまな原因から湿疹が生じるといえます


日常生活で湿疹がでる原因にはさまざまなものがあります。洗剤や化粧品、金属などのアレルギーがある物や刺激の強い物に接触した場合や、肌が乾燥して角質層が乱れている敏感肌の場合、虫刺されなどです。

花粉皮膚炎は、基本的にはアレルゲンである花粉に接触したときに生じる湿疹とされています。もともと乾燥肌やアトピー性皮膚炎だという場合には、ちょっとした刺激にも肌が炎症反応を起こしやすい状態といえるでしょう。

目の充血やかゆみ、鼻水などの花粉症の症状がでていない場合でも、敏感になっている肌だけが花粉による刺激の影響を受けてしまい、肌にかゆみを感じることや湿疹が生じることなどがあります。肌が乾燥などによって敏感になっている場合には、花粉に対するアレルギー症状がそれほど強くない状態でも花粉皮膚炎になる恐れがあるといえます。

とくに冬場は肌が乾燥しやすいため、冬に保湿ケアが足りなかった状態の乾燥肌で花粉が大量に飛散する春を迎えると、花粉皮膚炎にかかりやすい場合もあるでしょう。普段から肌が十分に保湿できるよう気をつけていれば、肌が丈夫な状態を維持でき、湿疹が生じにくくなることが期待できます。

普段から花粉に気をつけることが予防・改善につながります

通常では、肌の表層部にある角質層は身体の内部にウイルスや花粉などの異物が侵入しないよう守るバリアの役割を果たしているとされています。ところが、花粉皮膚炎のために皮膚に炎症が生じていると、角質層のきめが乱れてバリア機能が低下し、より花粉などの刺激を受けやすくなっているといえます。

花粉皮膚炎の場合には、原因を確認して適した肌ケアを行うことで肌の改善が期待できるでしょう。もし花粉皮膚炎の症状がでているのに何もケアをせず放っておくと、空気中に多数存在する花粉のために肌の炎症はどんどんひどくなっていく心配があります。

炎症が進むとさらに肌の乾燥が悪化し、バリア機能も低下して、また肌の炎症が進んでしまう悪循環が生じるとされています。それを避けるためには、湿疹を悪化させないように、角質層を保護するため保湿に力を入れて肌のケアをする必要があるといえるでしょう。

肌荒れの改善には保湿がとても重要ですが、湿疹のために普段の化粧品が肌に合わなくなっている場合もあるかもしれません。花粉皮膚炎が生じているときには、肌に刺激の少ないスキンケア化粧品を使うようにしましょう。

(まとめ)花粉が原因で肌に湿疹ができる?

1.花粉皮膚炎などで肌に湿疹が生じる場合があります

花粉が飛散している時期に 、花粉症が原因で肌に湿疹ができたり腫れが生じていたりする場合があるとされています。

このように花粉が原因で肌にトラブルが生じることを「花粉皮膚炎」といいます。

2.花粉症の時期だけ肌に湿疹などが生じるとされています

花粉皮膚炎は花粉が原因で肌に湿疹などの症状が現れるとされています。

そして毎年同じ時期に発症したり、顔や首などの露出部分に症状がでたりするという特徴があるといわれています。

3.さまざまな原因から湿疹が生じるといえます

花粉皮膚炎は、主にアレルゲンの花粉に接触したときに湿疹が生じる症状ですが、乾燥肌やアトピー性皮膚炎では少しの刺激でも湿疹が生じやすいとされています。

普段から肌を十分に保湿していれば、花粉による湿疹の予防が期待できるでしょう。

4.普段から花粉に気をつけることが予防・改善につながります

通常では肌の一番外側にある角質層は、体に異物が侵入しないように守るバリアの働きをするとされています。

花粉皮膚炎になるとそのバリア機能が低下するため、刺激の少ない化粧品でしっかりと保湿することが大切といえます。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る