花粉は肌への刺激になるの?

花粉はアレルギーの原因として肌に刺激を与えるとされています


花粉症は花粉が身体の中に入り込んだときに、その花粉が刺激となって過剰な免疫反応が起きている状態のことです。花粉症には目や鼻の症状だけでなく、肌がかゆくなったりひりひりしたりなど、肌が荒れる場合もあるとされています。

アレルギー症状が肌に出たときには花粉は肌に大きな刺激を与える原因になるといえるでしょう。

花粉皮膚炎になると花粉が刺激となって肌荒れが生じるとされています

花粉が肌を刺激したために肌荒れが生じている状態は、「花粉皮膚炎」といわれています。花粉に対してアレルギーを持たないときには、花粉症や花粉皮膚炎のようにアレルギー症状が現れることはないでしょう。

ただ花粉症の患者数は年々増加しているといわれているので、花粉症とは縁がないと思っていても、急に花粉が原因で目や鼻、肌などに花粉症の症状が出る場合もあります。花粉が目や鼻の粘膜を刺激することが原因で目のかゆみや鼻炎などの症状が現れると花粉症だとわかりやすいのですが、肌に花粉がついたために顔や首がかゆくなったり湿疹がでたりする花粉症皮膚炎は、肌荒れの原因が特定しにくいとされています。

肌のかゆみや湿疹は、ただの一時的な肌荒れと間違えやすいため、勘違いしてしまうと正しいケアをしないまま悪化させてしまう心配もあるでしょう。花粉皮膚炎は花粉の多い春に症状が出るとされているので、とくに春に突然肌荒れが生じたときには、花粉が原因で肌が荒れている状態といえます。

角質層のバリア機能が低下すると肌は刺激に弱くなるといえます


通常の健康な肌の場合には、花粉がついてもすぐに花粉皮膚炎になることはないとされています。また花粉症や花粉皮膚炎になりにくい、体質的にアレルギーが発症しにくい身体の方もいるといわれています。

ところが、体質にもよりますが毎年花粉と接する生活を何年、何十年と繰り返していると、花粉に対する抗体が少しずつ身体の中で作られていき、抗体の量が一定量に達したときに花粉症が突然発症してしまうかもしれません。現代では昔よりスギの花粉の量が増加しているために花粉症が発症する方が増えていて、小さな子供のうちから花粉症の症状が現れている方も多いとされています。

目の周りの肌は他よりもデリケートとされていますが、その目元や頬の肌が冬の間に乾燥していた場合、肌の表面の角質層が弱ってバリア機能が低下し、さらに刺激に弱くなった状態といえます。肌のバリア機能が低下した状態では、肌の水分は守られずに蒸発し、より肌の乾燥が進んで肌荒れにもなりやすくなるでしょう。

花粉皮膚炎を発症しないためには、普段から花粉の刺激を受けないようにすることが大切です。

花粉による刺激を軽減するにはスキンケアに気をつけることが大切です

花粉の多い時期には、花粉からの刺激を減らすために外出時にマスクや眼鏡をかけるようにするといいでしょう。また外から帰ったらすぐにメイクを落として顔を洗い、花粉を落とすことで、肌が花粉に触れている時間を減らすことができます。

外出先でも肌のかゆみが生じてつらい場合には、化粧水や乳液をつけたコットンで顔をふきとるなど、花粉を除去することが症状の改善に役立つでしょう。花粉皮膚炎で肌が敏感になっているときには、普段使っている化粧品でも肌に合わないときがあるといわれています。

そのためいつもの化粧水を使っているのにひりひりするなど、肌に合っていない気がしたときには、ムリをして使用を続けないで低刺激で保湿効果が高いスキンケア化粧品に変えることが大切です。花粉皮膚炎の場合には、肌に直接花粉が当たると肌のはれやかゆみが悪化しやすいため、メイクをしないで外出することはやめましょう。

ただし弱っている肌がメイク用品によって荒れる場合もあるので、なるべく刺激の少ない製品を使用して、やさしくメイクすることもポイントといえます。十分に気をつけてケアしていれば、ターンオーバーが終了する頃に肌荒れの改善が期待できるでしょう。

(まとめ)花粉は肌への刺激になるの?

1.花粉はアレルギーの原因として肌に刺激を与えるとされています

花粉症は花粉に対して過剰な免疫反応が生じている状態のことです。

このようなアレルギー症状は目や鼻だけでなく肌に生じることもあり、肌に症状がでているときには花粉による肌への刺激が原因になっているといえます。

2.花粉皮膚炎になると花粉が刺激となって肌荒れが生じるとされています

花粉によって肌が刺激され湿疹などの肌荒れが生じている状態は「花粉皮膚炎」といわれます。

これまでに花粉皮膚炎になったことがなくても突然症状が出始めることもあるので、一時的な肌荒れと間違えずに正しくケアする必要があります。

3.角質層のバリア機能が低下すると肌は刺激に弱くなるといえます

アレルギー素因を持つ人が花粉の刺激を何年も受け続けていると、徐々に花粉へのアレルギー抗体が増えていき、ある日突然症状が現れるとされています。

冬の間の乾燥も肌のバリア機能を低下させて花粉からの刺激を受けやすくさせる原因のひとつといえます。

4.花粉による刺激を軽減するにはスキンケアに気をつけることが大切です

花粉の多い時期には外出時に花粉に肌が当たらないようにマスクや眼鏡をかけるといいといわれています。

家に帰ったらすぐにメイクを落とし、刺激の少ない基礎化粧品でしっかり保湿をすることで症状の改善につながるでしょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る