花粉が原因で肌がぶつぶつになる?

花粉が肌についたことが原因でぶつぶつが出る場合があります


春先に急に肌のぶつぶつが気になりだした場合、空気中に広がる花粉が原因のことがあります。花粉症などのアレルギーがある方の場合にはとくに、花粉が原因で目や鼻の粘膜だけではなく肌にアレルギー反応が表れることもあるでしょう。

花粉によって生じる肌のぶつぶつなどの症状は花粉が飛散する春先に生じます。春先に肌の荒れが生じたときには花粉が原因のこともあるので、アレルギーの心配がある場合には花粉による刺激を避ける必要があるといえます

花粉皮膚炎は花粉が原因で生じる肌荒れの症状です

花粉症やアトピー性皮膚炎の場合、花粉の飛散が多い時期に肌が荒れることがあります。またアトピー性皮膚炎などではなくても、 春先に肌が荒れやすいという場合には「花粉皮膚炎」の心配も考えられます。

花粉皮膚炎になると、デリケートな目の周りの肌や頬などを中心に赤みが出て、ヒリヒリしたりかゆみが生じたりする、まぶたがカサカサになる、化粧水がしみるなどの症状が現れるでしょう。花粉皮膚炎では目のかゆみや鼻水など、主な花粉症の症状が肌荒れと同時に現れることもありますが、ただ肌荒れだけが生じる場合もあるとされています。

この花粉皮膚炎はあまり有名ではないため、花粉症は目や鼻にだけ症状が現れるものだと思ってしまい、肌荒れの原因が花粉だと気が付かない場合も多いかもしれません。これまで春先に肌荒れなど起きたことがなかったという方でも、突然、花粉皮膚炎になることがあるため、原因がわからない肌のかゆみや肌荒れが生じたときには花粉も疑ってみた方がいいでしょう。

肌荒れにはさまざまな原因があります


スギ花粉は主に2月から4月に飛散することが多いですが、他にもアレルゲンとなりやすいさまざまな花粉が、春から秋の長い期間空気中に存在しているといわれています。花粉皮膚炎の場合には、病院で血液検査をすれば原因となる花粉を調べることができるとされています。

花粉によるアレルギー症状が判明した場合には、花粉皮膚炎の症状を和らげるためにステロイド剤や保湿剤の塗り薬と、アレルギー反応を和らげる抗ヒスタミン剤の服用で改善が期待できるでしょう。ただし顔や首、肌が露出している部分の肌にぶつぶつが広がったり、赤くなったりと花粉皮膚炎によく似た症状が出ている場合でも、花粉以外が原因の場合もあります。

花粉の飛散には関係なく、ただ季節の変わり目に乾燥や紫外線などが原因で肌が荒れる場合もあるでしょう。肌荒れが生じたときの体調や、普段使っている化粧品や洗顔料、シャンプーやリンスなど、直接肌に触れるものが原因かもしれません。

まずは肌荒れの状態や部位から、花粉が原因なのか、使っている化粧品などが問題となっているのかなど、皮膚炎の原因を確認することが大切といえます。

保湿が十分にされていないと肌が荒れやすくなる場合があります

ヒトの皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の三層にわかれていて、紫外線・ほこり・花粉・ウイルスなどが、身体に侵入しないように外部から身体を守る働きをしているといわれています。そのなかで一番外側にある表皮は4層あり、一番外側の角質層から内側にむかって顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層にわかれています。

表皮は、基底層で新しく作られた表皮細胞が時間とともに徐々に外側に移動していき、細胞が古くなって死ぬと角質層から剥がれ落ちるとされ、常に再生が行われている部位といえます。とくに肌が乾燥しているときには、角質層が乾いて硬くなり、表面がはがれやすくなっている恐れがあります。

乾燥やアレルギー症状などによって角質層が荒れてしまい頻繁にはがれてなくなると、基底層での表皮細胞の生成が間に合わなくなっていき、より肌荒れがひどくなるとされています。肌は異物から身体を守る役割を持っていますが、乾燥して表皮の状態が悪くなっているとよけいに花粉などのアレルゲンや化粧品、洗剤などの刺激に弱くなるといえるでしょう。

(まとめ)花粉が原因で肌がぶつぶつになる?

1.花粉が肌についたことが原因でぶつぶつが出る場合があります

花粉症などのアレルギーがある場合には、春先の花粉が飛散する時期に肌にぶつぶつが出るなどの肌荒れが生じることがあります。アレルギーが原因のときには、花粉の刺激を避ける必要があるでしょう。

2.花粉皮膚炎は花粉が原因で生じる肌荒れの症状です

花粉症やアトピー性皮膚炎で春先の花粉の飛散が多い時期に肌が荒れる場合がありますが、アトピー性皮膚炎でなくても肌が荒れるときには、「花粉皮膚炎」にかかっている恐れがあります。

3.肌荒れにはさまざまな原因があります

花粉皮膚炎の場合には、血液検査をして原因となる花粉を調べることができるとされています。ただし花粉ではなく、乾燥や紫外線、体調不良、化粧品や洗顔料などが原因で皮膚炎となっている場合もあるかもしれません。

4.保湿が十分にされていないと肌が荒れやすくなる場合があります

肌は乾燥すると角質層が弱ってはがれやすくなるため、乾燥で角質層のはがれ方がひどくなると、表皮細胞を作り出すターンオーバーが間に合わない状態になる場合があります。

乾燥に気をつけることが肌荒れの予防に役立つといえるでしょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る