カサカサの肌は花粉による影響を受けやすいの?

カサカサ肌は花粉による影響を受けやすいと言われています


乾燥した空気により肌がカサカサになると、肌のバリア機能が低下して角質層にできた隙間か花粉が中に入り込みます。するとアレルギー反応が起こり、かゆみやかぶれなどの肌荒れを招いてしまいます。

肌を潤しバリア機能を高めるには正しい洗顔法と、こまめな保湿ケアが必要です。また肌のターンオーバーの乱れもバリア機能を弱めます。

十分な睡眠やストレス解消、食生活の改善などで肌のターンオーバーを正常化させましょう。

肌がカサカサになるとバリア機能が低下し、花粉によるアレルギー反応が起こりやすくなります

肌は乾燥しやすい冬の時期を超すと、バリア機能が低下して肌がカサカサした状態になってしまいます。肌の表面の薄い角質層には、角質細胞内の天然保湿因子、角質細胞間同士をつなぐ細胞間脂質、表面を覆う皮脂膜という3つの水分を蓄える要素が存在しています。

この3つの要素のバランスが崩れ、潤いが失われると、角質層なスカスカの状態になると、水分が蒸発して肌はさらにカサカサしやすくなります。3つの要素がきちんと機能し、健康な肌ならば肌に付着した花粉をシャットアウトすることができます。

しかしバリア機能が低下すると、隙間に花粉が容易に入り込んでしまいます。すると角質層で花粉を追い出すためのアレルギー反応が起こり、かゆみ・かぶれ・湿疹などの肌荒れを招いてしまうのです。

バリア機能の低下は、空気の乾燥による保湿成分の消失、間違った肌ケアなどが原因で起こります。また肌は一定のサイクルで古い角質が剥がれ落ち、新しく生まれ変わるターンオーバーを繰り返します。

ストレスや不規則な生活、偏った食事などにより肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が毛穴に詰まり、バリア機能の低下につながるとも言われているのです。

正しい洗顔法を実践し、保湿ケアをしっかり行いましょう


カサカサ肌に潤いを与えることで、バリア機能は高まるので花粉による肌荒れも起こりにくくなると考えられます。そのためには、まず正しい肌ケアを実践する必要があります。

バリア機能が低下した肌は外部からの刺激に弱く、荒れやすいので洗顔には低刺激の洗顔料を使う必要があります。汚れがおとしやすく、必要な皮脂の蒸発を防ぐためにも水や熱いお湯ではなく、37℃位のぬるま湯で洗顔しましょう。

軽くぬるま湯で洗い、洗顔料をしっかり泡立てて、指や爪で擦らないように泡を顔に乗せて優しく洗います。泡が残らないようにしっかり洗ったら、タオルで押すように水滴をとり、すぐさま化粧水でしっかり保湿します。

カサカサがひどい時は、パックできちんとケアすると水分が角質の隅々にまで浸透しやすいと言えるでしょう。化粧水も刺激が少なく、セラミドなどの優れた保湿成分を含んだものを選びましょう。

そして水分を補給したら今度は水分が逃げないように、クリームの油分で蓋をするのがポイントです。水分をしっかり閉じ込めることで、角質層に水分が蓄えられ、バリア機能が回復してきます。

バリア機能を高める肌ケアは、冬の時期からしっかりやっておく必要があります

バリア機能を高める肌ケアは、花粉シーズンの春先から始めていてはすでに手遅れです。空気が乾燥する冬の時期はとくに肌がカサカサしやすいので、早めの保湿効果の高い化粧水に変えて丁寧に保湿ケアを行っておきましょう。

花粉シーズン時、肌はバリア機能が高まった状態にしておかないと、肌荒れがひどくなってしまうからです。肌のバリア機能は、今日ケアしたからと言ってすぐに回復するものではなく、ある程度時間がかかるのも早くやっておいたほうがよい理由と言えます。

また肌への花粉の侵入を防ぐには日常生活でも気を付けたい点があります。肌の露出を控え、マスクや帽子などを着用しましょう。

花粉の肌への付着を防ぐミスト状のスプレーなどアイテムも市販されているので活用してみましょう。帰宅時は室内に花粉を入れないように、玄関で服や髪を払い、早めに手洗い、シャワーなどを済ませましょう。

肌のターンオーバーをスムーズに行い、バリア機能を高めるには十分な睡眠と栄養バランスのとれた食事、適度なストレス解消などポイントとなります。

(まとめ)カサカサの肌は花粉による影響を受けやすいの?

1.カサカサ肌は花粉による影響を受けやすいと言われています

肌のかさつきによりバリア機能が低下し、角質層に花粉が侵入することで肌荒れが起こりやすい状態になります。肌に優しい洗顔や保湿ケアなどでバリア機能を高めておく必要があります。

2.肌がカサカサになるとバリア機能が低下し、花粉によるアレルギー反応が起こりやすくなります

肌がカサカサになると角質層に隙間ができてバリア機能が低下し、花粉が角質層内に入り込んでアレルギー反応を起こし、かゆみなど原因になります。また肌のターンオーバーの乱れもバリア機能低下を招くと考えられています。

3.正しい洗顔法を実践し、保湿ケアしっかり行いましょう

カサカサ肌に潤いを与え、バリア機能を高めて花粉をシャットアウトするには、肌に優しい洗顔法を実践することが大事です。また洗顔後は、水分が蒸発しやすいので化粧水やクリームなどでしっかり水分補給をし、角質層に水分を閉じ込めるケアを行いましょう。

4.バリア機能を高める肌ケアは、冬の時期からしっかりやっておく必要があります

肌のバリア機能はすぐには回復しないので、花粉シーズンを迎える前、冬からしっかり行っておくことが大事です。さらに花粉を肌に付けないようにマスクや帽子の着用、帰宅時は花粉を払い、手洗いシャワーをして室内に花粉を持ち込まないようにしましょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る