ヒノキ花粉は肌にどのような影響をもたらすのか?

ヒノキ花粉は、かゆみやかぶれなどの肌荒れを招く要因の一つだと考えられています


肌の角質層には3つの保湿要素があり、水分が蓄えられて健康な状態を保っています。しかし空気の乾燥などで肌の水分が失われると、角質層は隙間ができてバリア機能が低下します。

するとヒノキ花粉が肌の中へと入り込み、アレルギー反応をおこしてかゆみやかぶれなどを招いてしまうのです。また鼻をかむ、目をこするといった摩擦動作も肌荒れを悪化させる原因となります。

肌荒れを改善するには、バリア機能を高めるために正しい洗顔や十分な保湿ケアが必要だと考えられます。

春先は肌のバリア機能が低下しやすく、ヒノキ花粉が肌の中へ入り込んでしまう可能性があります

ヒノキ花粉により鼻や目に症状が出やすいですが、肌にも影響が出ます。本来肌は、角質層にある角質細胞内に天然保湿因子、角質細胞同士をつなぐ細胞間脂質、肌表面を覆う皮脂膜という水分を蓄えておくための3つの要素で構成されています。

3つの要素が整った健康な肌ならば、ウイルスやアレルゲンなどの外部からの刺激に対し、バリア機能が作用します。つまり肌の中に入り込まないようにシャットアウトしてくれるのです。

しかし乾燥しやすい冬を越した肌は、水分や油分量が減り3つの要素が少なくなり、角質細胞間に隙間ができてスカスカの状態になります。バリア機能が低下し、ヒノキ花粉が角質層に入り込みます。

するとヒノキ花粉を追い出そうと、免疫機能が働き、アレルギー反応が起こります。肌に、かゆみ・炎症・赤み・かさつき・ぶつぶつした湿疹・かぶれなど、症状が出てきて、花粉皮膚炎と呼ばれています。

ヒノキ花粉は、スギ花粉の飛散がピークを過ぎる3月から5月位に飛散量が多くなるので花粉皮膚炎には要注意です。

鼻をかむ際の皮膚への摩擦など肌トラブルが悪化しやすいので注意が必要です


肌のバリア機能が低下したタイミングで、ヒノキ花粉が肌に付着しただけでもかゆみなどの症状が起こります。また花粉症による鼻水で鼻を頻繁にかむ、目がかゆくてこするという動作も増えます。

ただでさえバリア機能が低下し、外部からの刺激対する防御力が弱くなっている状態で、さらに摩擦が加わることで肌荒れが悪化します。鼻の下がかぶれる、目の周りのかさつきがひどくなるというのもヒノキ花粉による肌への悪影響の一つだと言えるでしょう。

そして春先は晴れの日が多く、紫外線が強くなります。さらに風が吹きやすく空気の乾燥も強まります。

花粉によるアレルギー反応で荒れた肌の水分量が、紫外線や乾燥によりさらにどんどん減ってしまうので、肌トラブルから回復しにくくなります。肌のカサカサ感がひどくなって皮がむける場合や、かゆみが強くなってかくと傷ができて雑菌は入り、膿んでしまうなど肌の状態がどんどん悪化してしまいます。

ヒノキ花粉による花粉皮膚炎に対しては、早めにバリア機能を高めるようなケアを行うことがとても大事なのです。

正しい洗顔法としっかりとした保湿ケアを行うことが大事です

冬から春にかけては、肌の乾燥がひどくなりバリア機能が低下しやすいので、保湿対策が重要になります。さらに肌は少しの刺激にも敏感なので、できる限り刺激を与えない肌ケアが必要です。

まず低刺激にクレンジングを選んで肌を擦らないように優しく洗顔します。熱いお湯は肌の潤いに必要な皮脂まで洗い流してしまうので、37℃前後のぬるま湯で洗うのがポイントです。

洗顔後は、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンなどの保湿成分を含んだ化粧水を肌につけ、しっかり水分を浸透させます。そして乳液やクリームの油分で水分が蒸発しないようにきちんと蓋をしてあげましょう。

紫外線から肌を守るためにも、外出前は日焼け止めクリームを使用して下さい。また花粉が肌に付着しないような対策も大事です。

マスクや眼鏡で防護する、肌への花粉付着を防ぐミストタイプのスプレーを使うなどの方法を取り入れてみましょう。帰宅したら、玄関で服や髪についた花粉を払い落し、すぐに手洗いや洗顔を行うのもポイントです。

(まとめ)ヒノキ花粉は肌にどのような影響をもたらすのか?

1.ヒノキ花粉は、かゆみやかぶれなどの肌荒れを招く要因の一つだと考えられています

肌のバリア機能が弱まると、ヒノキ花粉が角質層へ侵入してアレルギー反応が起こり、肌のかゆみやかぶれを招くことがあります。予防するにはバリア機能強化するために、保湿ケアなどが大事になってきます。

2.春先は肌のバリア機能が低下しやすく、ヒノキ花粉が肌の中へ入り込んでしまう可能性があります

春先は肌のバリア機能が低下しやすく、角質層へヒノキ花粉が侵入してアレルギー反応を起こします。するとかさつきやかゆみ、かぶれや湿疹などの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

3.鼻をかむ際の皮膚への摩擦など肌トラブルが悪化しやすいので注意が必要です

花粉症によって生じる鼻をかむ、目をこするなどの摩擦動作も肌荒れを悪化させます。また春先は紫外線も徐々に強まり、空気も乾燥しやすいと言えます。

皮がめくれる、かゆみを我慢できずひっかいて傷を作るなどの肌とラブが悪化しやすいので要注意です。

4.正しい洗顔法としっかりとした保湿ケアを行うことが大事です

肌のバリア機能を守るには、肌を傷つけない正しい洗顔法を取り入れることが大事です。また洗顔後は水分の蒸発を防ぐために、保湿成分が含まれた化粧水などでしっかり水分を補給し、クリームなどを塗って油分で蓋をするケアを行いましょう。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る