花粉が原因で肌にはどのような症状が起こるの?

花粉により刺激を受けると肌は炎症を起こし、赤みや痒みなどの症状が出ることがあります


花粉症のシーズンになると、目や鼻の症状だけではなく肌にも痒みやかさつきなどの症状が出ることがあります。乾燥肌や敏感肌の人に起こりやすいとされています。

特にバリア機能が低下していると、肌細胞の隙間から花粉が入り込み、アレルギー反応が生じます。花粉による肌荒れを緩和するには、肌に負担をかけない優しい洗顔やたっぷりの保湿ケア、規則正しい生活が大事です。

皮膚の中でアレルギー反応が起き、赤い湿疹ができるなどの症状が出ることもあります

花粉が飛散し、肌の表面に付着します。通常であれば、花粉のように大きな物質は肌の表面の角質で遮断され、肌の中へは侵入できません。

しかし、角質のバリア機能が弱くなっていると花粉を肌の中へと侵入してしまいます。何度も肌への侵入を繰り返しているうちに、アレルギー物質として認識し、皮膚の中でアレルギー反応が起こってしまうのです。

花粉により肌は、炎症を起こして赤くなる、顔が腫れる、痒みが出るなどの症状が見られます。更に赤みの強い小さく盛り上がった湿疹ができたり、肌がかさついて洗顔時などにヒリヒリするといった症状が出たりする場合もあります。

また、花粉症により目の痒みや鼻のムズムズ感が我慢できず、目や鼻の下を擦ることや、鼻を頻繁にかむ機会も増えます。すると、バリア機能低下で荒れやすくなった肌が、摩擦によって刺激を受け、更にかさつきやかぶれなどが悪化してしまう場合があります。

花粉による肌症状は、皮膚の薄い目の周りや頬、鼻の下や口の周りなどが出やすいと言われています。

肌のバリア機能が低下すると、花粉が肌に入り込んで刺激となります


肌の一番外側、表皮の角層には、外部から侵入する異物から肌を守り、肌の水分量を蒸発させないためのバリア機能があります。角質層の保湿力は、角質層へ水分を含み、蓄える天然保湿因子、角質細胞をつなぐ細胞間脂質、表皮の膜となり水分蒸発を防ぐ皮脂膜の3つの要素で構成されています。

健康な肌は、角質細胞の間が細胞間脂質でびっしり満たされ、角質細胞内に天然保湿因子がしっかり含まれています。しかし、肌のバリア機能が低下すると角質層に隙間ができます。

角質層がスカスカの状態になり、刺激物が入り込みやすく、水分が蒸発しやすくなるのです。そこへ花粉が入り込んで、アレルギー反応を起こして肌トラブルの症状が生まれるというわけです。

肌のバリア機能低下は、加齢や睡眠不足など不規則な生活習慣、紫外線などが原因とされています。また、肌をごしごしと強く擦るなどの間違った洗顔、保湿不足などの肌ケアが要因となることも多いとされています。

肌に優しいケアと、規則正しい生活がポイントです

花粉による肌トラブル予防、改善するには、日頃の生活スタイルの見直しや正しいスキンケアなどがポイントとなります。まず、洗顔は弱酸性の肌に優しいクレンジングをしっかり泡立てて、指の腹でゆっくり円を描くようになでます。

そしてきちんと洗い流すことが大事です。ぬるま湯を使い、肌を擦らないようにしましょう。洗顔後はすぐに水分が蒸発するので、化粧水や乳液、クリームなどでしっかり保湿ケアを行ってください。

鼻を噛むときは、柔らかなめのティッシュで優しくかみ、摩擦がおこりやすい鼻の下や目のまわりなどはワセリンをぬって保護しておきましょう。メイクは最低限にして、肌に刺激を与えないことが大事です。

また、日常生活ではしっかり睡眠を取り、お肌のターンオーバーがスムーズに行われ、バリア機能が高まるようにしましょう。食事でも肌細胞の代謝に良いとされるビタミンB群や、肌細胞の酸化を防ぐビタミンCやEなどの栄養素を取り入れるのが良いとされています。

そして、ストレスが溜まると肌の血流が悪くなり、肌ツヤが失われバリア機能も低下しがちになります。ゆっくりお風呂に入ってリラックスすることや、好きなものや趣味などで気分転換することによって、ストレスを発散させましょう。

(まとめ)花粉が原因で肌にはどのような症状が起こるの?

1.花粉により刺激を受けると肌は炎症を起こし、赤みや痒みなどの症状が出ることがあります

肌のバリア機能が乱れている状態で、花粉が肌に付着すると隙間から肌の奥に入り込み、アレルギー反応を起こします。肌が赤くなる、痒みや腫れが生じる、湿疹ができるなどの症状が出ることもあります。

2.皮膚の中でアレルギー反応が起き、赤い湿疹ができるなどの症状が出ることもあります

肌のバリア機能が弱まっていると、肌に表面についた花粉が中へと入り込み、そのうちアレルギー物質として認識されます。すると炎症を起こして赤くなったり、痒みが出たり顔が腫れたり、湿疹が出たりという症状が見られます。

3.肌のバリア機能が低下すると、花粉が肌に入り込んで刺激となります

肌には外部から入り込む異物から肌を保護し、肌の水分量を保持するバリア機能が作用しています。しかし、肌のバリア機能が低下すると角質層に隙間ができてそこへ花粉が入り込み、刺激となって炎症を招くためかゆみや湿疹などの症状が出ることがあります。

4.肌に優しいケアと、規則正しい生活がポイントです

花粉による肌荒れ防止には、肌に刺激を与えないソフトな洗顔や洗顔後のしっかり保湿ケアなどがポイントです。また、睡眠や栄養を十分にとって健康な状態を保ち、ストレスを溜めないようにすることも大事です。

「外的刺激による肌トラブルにおすすめのアイテムはこちら」

楽天ショップの商品ページ

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る