紫外線で肌が老化するメカニズムとは?

紫外線によって生成される活性酵素とメラニンが肌の老化を招く要因だとされています


紫外線B波は表皮に当たると、メラノサイトからメラニン色素が生成され、色素沈着が起こりシミやくすみの元となります。A波は真皮に当たると、活性酸素が発生してコラーゲン線維を攻撃し、固くよじれた状態に変質するため、シワやたるみなどの肌の老化をもたらします。

予防するには、日焼け止めの塗布など紫外線対策をきちんと行う必要があります。

2種類の波長の紫外線がシワやシミを作る原因となります

肌の老化は加齢によるものだと思われがちですが、実は老化の8割は紫外線が原因とされているのです。紫外線の中でも特に肌にダメージを与えるのが、波長が異なるA波(UV-A)とB波(UV-B)です。

肌は表面が表皮、その奥が真皮、さらに奥が皮下組織という構成になっています。A波は波長が長いので真皮にまで到達します。

紫外線を浴びると、酸素が変化して活性酸素が大量に作られます。活性酸素は、細胞やタンパク質などを攻撃して酸化させ、体に「サビ」を作ります。

真皮の7割はコラーゲンでできており、肌のハリや弾力を維持しています。しかし活性酸素によりコラーゲンを含む肌細胞が破壊され、結果的に固くなって新陳代謝が滞ります。

保水力も弱まり固く波打ったような状態、つまりシワやたるみとなります。表皮は非常に薄いので、真皮の状態がそのまま肌表面にまで出てくるため、肌の老化症状であるシワやたるみが出現するというわけです。

一方でB波は波長が短いので表皮にしか到達しません。表皮の一番奥、基底層にはメラノサイトという組織があります。

メラノサイトはB波により刺激を受けると、紫外線の真皮への侵入を防ぐためにメラニンを生成します。そこで肌の新陳代謝が滞ると、メラニンが排出されず沈着してシミになることがあります。

紫外線を浴び続けるとバリア機能が低下し肌が乾燥しやすくなります


肌は常に新しい細胞が生み出され真皮から表皮へと上に押し上げられています。古くなった細胞は角質となって肌表面から剥がれていきます。

これは肌の新陳代謝、ターンオーバーというもので健康的な肌なら一定周期で行われます。しかし紫外線を何度も繰り返し、長時間浴び続けるとターンオーバーの周期が乱れ、古い角質がいつまでも剥がれないで停滞し、分厚くなります。

肌の表面の角層では、外部の刺激から肌を守るためのバリア機能が作用しています。角層内では、細胞内の天然保湿因子が水分を溜め、細胞同士を細胞間脂質が隙間なくくっつけ、その表面を皮脂膜が覆っているという状態で肌を保護しています。

しかしターンオーバーの乱れにより、このバリア機能が低下し、角層に隙間ができてスカスカの状態になります。すると肌の水分がどんどん蒸発して、肌がかさつきやすくなります。

乾燥が進むと、紫外線により作られたシワなどがさらに目立つようになります。通常であれば、活性酵素を撃退する抗酸化酵素により、肌の老化を防ぎます。

しかし加齢や度重なる紫外線からの攻撃で撃退パワーが弱まることによって、どんどん老化しやすい、シワやシミができやすい肌へと変化してしまうのです。

紫外線による肌老化を防ぐには紫外線対策をきちんと行うことが大事です

シミやシワといった紫外線による肌の老化を防ぐには、まず紫外線を肌に吸収させない対策が必要です。そのためには、冬や曇りの日であってもこまめに日焼け止めを塗ることが大事です。

顔全体をカバーするには500円硬貨くらいの量が必要です。顎や頬の外側、耳や鼻の周り、うなじや首元などは十分に塗れていない場合が多いので意識して付けましょう。

またとくに日差しが強い日は、帽子・日傘・ストールなどを使い紫外線から肌を防御しましょう。そして体の内側からもケアしていくことが大事です。

活性酵素を抑える抗酸化作用のあるビタミンEやβカロテン、メラニンの生成を防ぎ、コラーゲンの合成を助けるビタミンCなどが含まれた食品を食事に取り入れましょう。ビタミンEは、大豆・ごま・アーモンドなど、βカロテンは、にんじん・かぼちゃなどの緑黄色野菜、ビタミンCは、レモンなどの柑橘類・キウイなどの果物・ブロッコリー・トマトなどの野菜に含まれています。

(まとめ)紫外線で肌が老化するメカニズムとは?

1.紫外線によって生成される活性酵素とメラニンが肌の老化を招く要因だとされています

紫外線が肌に照射されることで、メラニン色素が生成されて沈着し、シミを作りだします。さらに活性酸素がコラーゲンなどを破壊するので、シワやたるみなどの原因にもなります。

2.2種類の波長の紫外線がシワやシミを作る原因となります

波長の長い紫外線A波は、真皮のに到達してコラーゲンを変質させ、シワやたるみを招きます。さらに波長の短い紫外線B波は、肌表面の表皮に到達し、シミの原因となるメラニン色素を生成させて、肌のターンオーバーを乱すなどの影響を与えます。

3.紫外線を浴び続けるとバリア機能が低下し肌が乾燥しやすくなります

紫外線を繰り返し浴びると、外部の刺激から肌を守る表皮中のバリア機能が低下し、かさつきが加速して湿疹など肌荒れの原因となります。加齢により、バリア機能は徐々に弱まるので、紫外線を浴びると肌はなかなか回復できない状態になります。

4.紫外線による肌老化を防ぐには紫外線対策をきちんと行うことが大事です

紫外線による肌の老化防止には、できる限り紫外線を肌に当てない対策が大事です。日焼け止めはやや多めに、鼻や耳の周り、首元などにもしっかり塗りましょう。

外出時は帽子や日傘などを使って肌をカバーするのも忘れずにしましょう。

楽天ショップの商品ページ 楽天ショップの商品ページ

関連記事

ページ上部へ戻る